中学受験専門プロ家庭教師による直前対策
残り120日で
第一志望校に
合格させます!

家庭教師の一橋セイシン会の「小6直前対策ページ」にお越しいただきありがとうございます。

現在、お子さんの成績はいかがでしょうか?
志望校に届いていればいいのですが、
もし下記の項目に当てはまることがあれば、早急に対策が必要です。 いきなりですが、下記のチェックリストに当てはまることはないですか?

  • 志望校に偏差値が届いていない
  • どうしても志望校に合格したい
  • 残り期間、何をすれば志望校に合格できるか分からない
  • 苦手科目が足を引っぱっている
  • 基礎固めが終わってない、抜けが多い

もし、1つでも当てはまることがあれば続きをご覧ください。
このページでは、今から残り数カ月で志望校に間に合わせる方法をお伝えしています。

中学入試・直前期に本当にやるべきこととは?

まず、保護者の方にご理解頂きたいことがあります。志望校の入試・直前期にやるべきことは、塾のクラス・成績を上げるための勉強から、
志望校の
入試本番で合格点をとるための勉強に切り替える必要がある、ということです。

そもそも、塾で上位のクラスにいる、偏差値が届いているからと言って、志望校の合格が保障されているわけではありません。偏差値は、あくまで目安にしか過ぎません。

「偏差値が届いている=合格」
ではありません!

なぜ偏差値が目安かというと、
模試の問題と実際の志望校の入試問題はまったく内容が違うからです。

試験時間、配点、出題分野、問題数、問題の難度、
解答形式(記述が多いなど)は、学校ごとにすべて違います。

偏差値がどんなに高くても、志望校の入試問題が解けなければ合格できません。
反対に、偏差値が届いていなくても、志望校の入試問題が解ければ合格することができます。
ですから、志望校に偏差値が届いていなくても、あきらめる必要はまったくないのです。

普通に勉強していては間に合わない

ただ、あきらめる必要はないとはいっても、普通に勉強していては間に合いません。
そのことは、保護者の方も薄々お分かり頂けていると思います。

また、今からラストスパートをかけるとしても、
同じように他の受験生もラストスパートをかけてくるので、なかなか差は縮まりません。

では、どうすれば志望校に間に合わせることができるのでしょうか?

今からでも志望校に合格できる
3つのポイントとは

今から志望校に受かるためには、余計なことはやらずに今すぐ「最短ルートで第一志望校に合格できる勉強法」に切り替える必要があります。
では、「最短ルートで合格できる勉強法」とはなにか。
それには3つのポイントがあります。

  • ① 志望校の傾向を分析し、出るところを絞る(出ないところは一切やらない)
  • ② 優先度の高い単元や問題から、確実に解けるように対策していく
  • ③ 出題頻度の高いところから優先的にやっていく

残り数ヶ月で間に合わせるにはこれしかありません。
それぞれ詳しく説明いたしますね。

① 志望校の傾向を分析し、出るところを絞る(出ないところは一切やらない)

中学入試は学校によって試験問題に、ある一定の傾向があります。

例えば、青山学院中等部の算数であれば、図形の体積や水の深さを問われる問題がほぼ毎年出題される一方、濃度を求める問題や流水算などは出題されません。

学校にもよりますが、中学受験のために塾で学んだ単元のうち、およそ3割程度しか出題されないのです。
もちろん、第一志望校だけでなく、第二・第三志望校の傾向と対策を行う必要もありますが、それ以外の志望校に出題されない問題を勉強している時間の余裕はありません。志望校受験に関係ないことは一切やらないようにすれば、残り数カ月でも間に合わせることができます。

② 優先度の高い単元や問題から、確実に解けるように対策していく

志望校の頻出単元・重要問題を絞り込んだあとは、その問題を確実に解けるように対策します。
もし頻出単元に苦手単元がある場合は、苦手の根本原因を解消するのが理想的です。しかし、お子さんに残された期間を考えると現実的ではありません。

入試本番、苦手な単元で時間を浪費してしまうよりも、取れる問題を確実に取っていくことの方が重要です。苦手な単元は無理して解くのではなく、ある程度「見切り」をつけて、捨てることも重要です。

③ 出題頻度の高いところから優先的にやっていく

志望校の入試問題と関係ない単元を省き、対策にとりかかったあとは、出題傾向が高いものや合否を分ける重要な問題から順に優先順位をつけて重点的に対策をしていきます。

算数でいえば「図形問題」「数の性質」「速さ」「割合と比」が頻出であるならば、その中で配点が高いものから順に優先度を決めます。
そうすることで、受験までの残りの時間、どんな勉強をするべきか、どの単元に集中するべきかが明確となり、志望校合格への道筋となります。

入試本番で満点を取る必要はありません
合格点を超えれば受かる

みなさん見落としがちですが、中学入試では満点を取る必要はありません。

どの中学校も合格点は5~6割(高くても7割)程度です。
つまり、入試問題の3~4割解けなくても合格はできるのです。

まとめると、現時点で志望校に偏差値が届いていない生徒さんを、残り数カ月で受からせるための直前対策の手順は以下の通りです。

今から間に合わせる
直前対策とは?

  • ①志望校の傾向を分析し、出るところを絞る(出ない所は一切やらない)
  • ②優先度の高い単元や問題から、確実に解けるように対策していく
  • ③出題頻度の高いところから優先的にやっていく

この方法であれば、今から志望校に間に合います。

この直前対策を誰がやるのか?

問題は、この直前対策をだれがやるのか、ということです。
これらの対策をするのは容易ではありません。

お通いの進学塾で「そもそも志望校の受験対策クラスがない」、「対策クラスに入れない」という場合は、塾で的確な志望校対策をしてもらうことは期待できません。

そもそも、進学塾は集団授業なので、一人ひとりの志望校に合わせた個別対策をしてくれるところではありません。決して塾を批判したいのではなく、集団授業である以上これは仕方がないことです。

塾での志望校対策に期待ができなければ、家庭学習でやるしかありません。
ですが、中学受験の指導経験や専門性、ノウハウがないと、志望校の入試傾向の即した的確な直前対策を行うことはかなり難しいと言えます。そこでおすすめしたいのが中学受験専門のプロ家庭教師です。

志望校受験専門の
プロ家庭教師なら間に合います。

最後の最後まで、諦めないでください!

一橋セイシン会では、毎年この時期に偏差値が届いていなかった数多くのお子さんを、こちらの『中学受験専門プロ家庭教師による直前対策』で志望校に合格させています。

今からお子さんを志望校に間に合わせたい方、『中学受験専門プロ家庭教師による直前対策』にご興味を持たれた方は、ぜひ一橋セイシン会にお声掛けいただければと思います。

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル

火・水・木・金・土 【受付時間】10:30~20:30

中学受験専門の教務スタッフが
親身にご対応させていただきます。

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

昨年、残り数カ月から、志望校に間に合ったご家庭の声

それでは、ここで、この時期に偏差値が届いていなかったけれども、志望校に合格できたご家庭の声の一部をご紹介します。

(全員、指導開始当初は偏差値が届いていませんでした)

「3ヶ月で偏差値10以上アップ!」
「先生がいなかったら絶対合格できなかった」

立教池袋、高輪、青稜、専大松戸

お名前:U.Tくん

再生画像 再生画像 合格者画像 合格者画像
体験記拡大図
この合格体験記の全文を見る

「3ヶ月で偏差値10以上アップ!」
「先生がいなかったら絶対合格できなかった」

立教池袋、高輪、青稜、専大松戸

お名前:U.Tくん

「家庭教師をつけてすぐ偏差値20アップ!」
「勉強する姿勢も変わった!」

明大中野、芝浦工大柏

お名前:R.Tくん

再生画像 再生画像 合格者画像 合格者画像
体験記拡大図
この合格体験記の全文を見る

「家庭教師をつけてすぐ偏差値20アップ!」
「勉強する姿勢も変わった!」

明大中野、芝浦工大柏

お名前:R.Tくん

「偏差値50台から鷗友に合格!」
「残り3ヶ月で基礎を重点的に強化した」

鷗友学園、國学院久我山

お名前:M.Mさん

合格者画像 合格者画像
体験記拡大図
この合格体験記の全文を見る

「残り3ヶ月から成城中に合格!」
「塾と家庭の学習方法に不安を感じていました」

成城、麗澤

お名前:I.Yくん

体験記拡大図
この合格体験記の全文を見る
> その他の昨年、残り数カ月から、志望校に間に合ったご家庭の声

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

「10倍分かる過去問」
家庭教師ご紹介可能エリア
東京都
  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 練馬区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
23区以外の東京都
  • 国立市
  • 三鷹市
  • 武蔵野市
  • 西東京市
  • 小金井市
  • 小平市
  • 調布市
  • 町田市
  • 狛江市
  • 稲城市
  • 府中市
  • 立川市
  • 多摩市
神奈川県
  • 横浜市
  • 都筑区
  • 青葉区
  • 緑区
  • 港北区
  • 保土ヶ谷区
  • 旭区
  • 瀬谷区
  • 戸塚区
  • 磯子区
  • 金沢区
  • 泉区
  • 港南区
  • 神奈川区
  • 中区
  • 西区
  • 南区
  • 鶴見区
  • 栄区
  • 川崎市
  • 多摩区
  • 高津区
  • 宮前区
  • 中原区
  • 麻生区
  • 川崎区
その他の神奈川県
  • 大和市
  • 綾瀬市
  • 相模原市
  • 座間市
  • 横須賀市
  • 厚木市
  • 海老名市
  • 藤沢市
  • 茅ヶ崎市
  • 逗子市
  • 鎌倉市
  • 葉山町
  • 平塚市
埼玉県
  • 所沢市
  • さいたま市
  • 入間市
  • 狭山市
  • 川越市
  • 富士見市
  • ふじみ野市
  • 朝霞市
  • 志木市
  • 和光市
  • 新座市
  • 蕨市
  • 戸田市
  • 上尾市
  • 草加市
千葉県
  • 千葉市
  • 市川市
  • 船橋市
  • 松戸市
  • 野田市
  • 習志野市
  • 柏市
  • 我孫子市
  • 市原市
  • 浦安市
茨城県
  • 取手市
  • 守谷市
  • つくば市
  • つくばみらい市

※時期・条件によって紹介できない場合もあります。詳細はお問い合わせください。

  • ST過去問バナー
  • ST繁田さんバナー
  • 家庭教師・プロ家庭教師募集

※指導による成果には個人差があります。このページの上部へ