東京・神川・埼玉・千葉で家庭教師をお探しなら、プロ家庭教師の一橋セイシン会

計算問題が苦手な場合の対策
~5年生の算数を苦手にしないためのポイント~

中学受験において、算数は最も重要な教科です。
そもそも、多くの学校で、理社よりも国語と算数の配点が高くなっています。
また、もちろん、算数は2科目受験でも必須です。

しかし、これだけではありません。
算数は勉強に一番時間がとられる科目です。
算数が苦手で、毎日時間を取られてしまい、他の教科まで手が回らないお子さんも多くいます。
つまり、算数が他の科目の成績に影響してしまうという可能性があるのです。

そこで今回は、『算数を苦手にしないためのポイント』についてお話ししたいと思います。

~5年生の算数を苦手にしないためのポイント~

  • 1)計算力を確実につける
  • 2)単元の抜けをつくらない

1.計算力を確実につける

算数において、計算力は基礎の部分です。
基礎が揺らいでいては、上にしっかり積み上げることができません。中学受験においては、まずは確実な計算力を身につけることが不可欠です。

塾のカリキュラムでは、大体5年生のはじめに「分数の計算」を習います。それで中学受験の基本的な計算は一通り習ったことになります。あとは“計算力を磨くだけ”のはずですが、実際は「なかなか計算力がつかない」お子さんも多いようです。

ただ、単に「計算力がない」といっても、お子さんによって様々な原因があります。
なかでも多い原因は、以下の二つです。

<計算力がないお子さんに多いパターン>

  • ① スピードが遅い
  • ② ミスが多い

①.「スピードが遅い」場合

例えば、計算のスピードが遅い場合は、「スピード」と「計算の工夫」のうち、どちらがネックになっているか、原因を見極める必要があります。

「スピード」がネックになっている場合、計算練習の仕方を見直すことで、スピードアップがはかれます。
「計算の工夫」がネックになっている場合は、演習を増やす必要があります。特に「計算の工夫」は、注目する部分を間違わなければ、比較的楽に解ける問題もあるので、早めに対策してあげましょう。

②.「ミスが多い」場合

次に、「ミスが多い」お子さんの場合は、「公式の理解が曖昧」なのか、それとも、「計算ミス」をしただけなのかによって対策が変わります。

「公式の理解が曖昧」な場合、どの公式が理解できていないのかを探り、原因を解消してあげる必要があります。
「計算ミスが多い」場合は、単に演習量が足りないだけではなく、ノートや計算用紙を上手に使えないことが原因かもしれません。そういった場合には、途中式の書き方を見直したり、確かめ算のくせをつけたりすることで、計算ミスを減らすことができます。

このように、「計算力がない」といっても、お子さんによって原因が異なります。お子さんの計算力のどこが弱いのか、しっかり見極めて対策を行い、正確な「計算力」を身につけましょう。

2.単元の抜けをつくらない

中学受験の算数は連続性が高い教科です。
次から次へと新しい単元が出てくるので、その単元をこなすことで精一杯のお子さんも多いでしょう。時にはよく理解していないまま、次の単元に追われてしまうこともあります。

しかし、しっかり理解できないままになってしまった単元も、入試本番では出題されます。
それ以前に、応用問題になると、以前習った単元を利用して問題を解いていくことになります。このときに単元の抜けがあると、一気に成績が下がってしまうお子さんが多いのです。

つまり、抜けをつくらないために、授業ごとにしっかり理解することが大切なのです。

といっても、授業の中で全て理解することは難しいですよね。
そこで、家庭学習が非常に重要になります。

家庭学習をする際は、以下のことに気をつけてください。

  • 授業でやった問題は、一通り理解できるようにする
  • 理解したつもりになっていないか、きちんと確かめる
  • 分からない問題でいつまでも悩まない

これらがしっかりできていれば、苦手な部分が膨大に膨れ上がることを防げます。

いかがでしたか?

どの対策でも、何より重要なのは、お子さんに合わせてきめ細かくサポートしてあげることです。
志望校合格に向けて、早めに算数の対策をしっかりしてあげてください。

計算問題をはじめ、算数の対策をご希望の方は、
まずは一橋セイシン会の資料をご請求ください

私たちの会には、たくさんのお子さんの算数の成績を上げてきた中学入試のトッププロ家庭教師が在籍しています。 算数対策をご希望の方は、ぜひ一橋セイシン会にお声掛けください。

ご興味をお持ち頂いた方は、まずは下記より資料をご請求頂くか、フリーダイヤルよりお電話頂ければと思います (中学受験の算数に詳しい教務スタッフが対応させて頂きます)。

⇒算数の成績を上げたい方は、まずは一橋セイシン会の資料をご請求ください。

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

「10倍分かる過去問」

※指導による成果には個人差があります。このページの上部へ