サピックスに強いプロ家庭教師を紹介します。

志望校判定
サピックス
オープン対策

志望校判定
サピックスオープンとは

志望校判定サピックスオープンは、6年生の4月と6月の2度、実施されます。
試験時間が5時間にも及ぶ、ハードなテストです。

志望校判定サピックスオープンでは、事前に申請登録した志望校10校の合格率を判定することができます。
よく「結果をあまり気にしない方が良い」と言われるテストですが、どうしても気になってしまいますよね。

本気で志望校を目指しているのであれば、当然の気持ちだと思います。
ですが「どうして結果を気にしない方が良いのか」については知っていて損ではありません。

結果をあまり気にしない方が良い理由

志望校判定サピックスオープンは、後ほど詳しく説明しますが、Aタイプ問題とBタイプ問題という2種類の問題があります。
そして、学校にもAタイプよりの学校、Bタイプよりの学校があります。
つまり、どちらのタイプの問題が得意かで、どの学校が得意なのかを判定できるのです。

ですが、志望校判定サピックスオープンは、学校ごとの入試問題の傾向に合わせた出題ではありません。
例えば麻布がBタイプよりの学校だったとしても、Bタイプの問題が解けたからといって麻布に強いということにはならないのです。

詳しくは、さらに下記より説明しています。

志望校判定
サピックスオープンの特徴

2つのタイプ別問題から合格率を詳しく分析

先程も説明した通り、志望校判定サピックスオープンには、知識の確認と正確な処理能力を見る「Aタイプ」と、思考力・記述力を見る「Bタイプ」の2種類のテストがあります。

算数 Aタイプ 問題演習の量と正確な処理能力が問われる出題
Bタイプ 思考力と分析力を重視した出題
国語 Aタイプ 選択肢解答中心の出題(記述の割合が20%以下)
Bタイプ 記述形式中心の出題(記述の割合が60%以上)
理科 Aタイプ 選択肢解答が中心で知識力重視、題材が標準的なもの
Bタイプ 記述形式が中心で思考力を重視、題材が標準的ではないもの
社会 Aタイプ 選択肢解答が中心で知識力重視、設問パターンが標準的なもの
Bタイプ 記述形式が中心で思考力を重視、設問パターンが標準的ではないもの

中学受験では、入試問題と一口に言っても、様々な傾向があります。
たとえば、同じ女子御三家の国語でも、「レベルの高い記述問題中心」の桜蔭・雙葉と、「選択問題中心」の女子学院では全く傾向が異なります。

そこで志望校判定サピックスオープンでは、AタイプとBタイプ、傾向の異なる2つのテストの結果を分析することで、志望校の合格率を細かく判定しているのです。

ですが、あくまでタイプ別の問題です。
お子さんの志望校の入試問題の傾向とあっているかは分かりません。

他の模試より、偏差値も平均点も低く出る

母集団の学力がトップレベル

サピックスオープンの場合、四谷大塚の合不合判定テストや日能研の全国公開模試に比べると、偏差値が「低く」出ます。
それは、模試を受ける母集団の大半を占めるサピックス生の学力が高いためです。

なかでも志望校判定サピックスオープンは、御三家や難関校を目指すお子さん向けに作られたテストです。
受験するのも、トップレベルの学校を目指すお子さんがほとんどになります。
ですので、母集団のレベルが高く、特に偏差値が低く出やすいのです。

平均点も低い理由

また、志望校判定サピックスオープンは、平均点も低くなりがちです。

志望校判定サピックスオープンでは、四谷大塚の合不合などに比べて、基本的な問題が少なくなっています。
出題されるのは、入試問題を想定した、難度の高い問題がほとんどです。
そのため、多くのお子さんがなかなか得点を伸ばせず、平均点が下がってしまうのです。

合格率20%でも、志望校を諦める必要はありません。

ここまで述べたように、志望校判定サピックスオープンは、お子さんの志望校の合格率を正確に判定する模試ではありません。

「4月も6月も第一志望校の合格率が20%。志望校を下げた方が良いのかな。」

もしも、このようなお悩みをお持ちであるなら、「決してそんなことはない」と、是非前向きに結果を受け止めてください。
ここからは、志望校判定サピックスオープンの結果について、注意すべきポイントとその後の対策をお伝えします。

志望校判定
サピックスオープンの注意点

志望校判定サピックスオープンの結果を見るときには、注意すべきことがいくつかあります。

中堅校を目指している場合

先ほどもお伝えした通り、志望校判定サピックスオープンは、御三家や難関校を目指すお子さん向けに作られたテストです。
また出題構成もそういった学校に合わせてあり、受験するお子さんのレベルや問題の難度も高くなっています。

そのため、難関校よりも偏差値が低い学校を志望している場合には、志望校判定サピックスオープンの偏差値や合格率が、あまり参考にならない可能性があります。

上位・中堅校を志望しているお子さんが志望校判定サピックスオープンを受けた場合は、偏差値や合格率に一喜一憂せず、「どこが苦手なのか」「どういったミスが多いのか」といった目で分析してあげた方がよいでしょう。

合格率が高くても、油断は禁物

合格率が80%以上でも、油断は禁物です。
志望校判定テストでは、学校の入試傾向を区分し、Aタイプ、Bタイプ、それぞれの点数から合格率を出します。
繰り返しになりますが、これはあくまでも、おおまかな傾向の判定に過ぎません。

たとえば桜蔭と雙葉では、算数は同じ「記述式」です。しかし、桜蔭と雙葉の算数には次のように出題分野に違いがあります。

出題分野 桜蔭 雙葉
数列・数の範囲と
規則・N進法
頻繁に出され、1年に2題出題されることもある まれに1題だけ出題される
歩合・百分率・割合 あまり出題されないが、出る時は1度に2~3題出されることが多い ほぼ毎年、1~3題出題される
還元算 9年連続で毎年出題されている あまり出題されない

Bタイプの記述式の問題が解けても、還元算が苦手では、桜蔭の入試問題は解けません。入試問題が解けなければ、当然、合格することもできません。

このように、中学受験で志望校に合格するためには、「志望校の入試問題」を解けるようになることが必須です。

志望校判定サピックスオープンは、あくまでも「模試」です。
偏差値や合格率が良かったからと言って安心せず、入試本番で合格点が取れるように、対策を進めてください。

≫志望校別・傾向と対策はこちら

サピックスに強い
プロ家庭教師をご紹介します

お子さんの成績はいかがでしょうか?

もし、お子さんが期待する結果を出せていない場合には、「サピックスに強い家庭教師」に頼ることもぜひ検討ください。
私たち一橋セイシン会には、サピックスの現役講師・元講師、サピックス生の指導経験が豊富なプロ講師が数多く在籍しています。

現在、期待する結果が出ていなくても、それはお子さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういったお子さんは、受験勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばす可能性が高まります。

  • 上位クラスに入れない
  • 苦手科目・単元を解消できない
  • テストの成績が上がらない
  • 教材の効果的な使い方がわからない
  • 勉強しているのに結果が出ていない

そんな悩みを抱えている方は、まずは詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません。)

サピックスの成績アップ対策は中学受験専門一橋セイシン会にお任せください!!
最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ一緒にがんばりましょう。

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

合格体験記 公式LINE
  • 合格体験記
  • 公式LINE
塾別対策 専門サイト
  • SAPIX対策
  • 日能研対策
  • 早稲アカ対策
  • 四谷大塚対策
  • 栄光対策
  • 市進対策
  • 啓明舎対策
  • 希対策
  • 啓進塾対策
  • 臨海セミナー対策
メディア掲載情報
AERAKids
AERAKids
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2010年3月25日付
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2009年4月3日付
プレジデントファミリー
頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
朝日小学生新聞
朝日小学生新聞
  • 家庭教師・プロ家庭教師募集