サピックスに強いプロ家庭教師を紹介します。 HOME 会社概要(アクセス)

サピックス 算数対策

サピックス対策専門の家庭教師が
算数の成績をアップさせます!

算数は、成績に関するご相談が最も多い科目です。特にサピックスは、他の中学受験塾と比べると、カリキュラム構成や教材が特殊です。

ですので、間違った勉強法、的外れな対策をしてしまうと、「どんどん成績が下がってしまう」「頑張っていても偏差値が伸びない」という状況に陥ってしまいます。

このページでは、サピックスの算数のカリキュラムや教材の特徴や注意点、算数の成績を上げるための勉強法についてお伝えしています。
お子さんの算数の成績を上げるために、少しでも参考になれば幸いです。ぜひご覧頂ければと思います。

サピックスの算数の特徴

サピックスの算数は進度が速い

なんといっても、サピックスの算数は、授業進度が速いのが最大の特徴です。

ご存知の通り、サピックスの算数は、5年生までで全ての単元を終わらせる、独自のカリキュラムです。
5年生の2月までに一通りの単元を学び終え、6年生が始まると同時に、入試対策に向けた実践的な授業が始まります。

つまり、このサピックスのカリキュラムでは、4年生~6年生の3年分の範囲を、2年間で終わらせなければなりません。
そのため、授業の進度がとても速くなっているのです。

「2週間に1単元」というスピードで授業が進む

実際、サピックスの授業進度の速さは、日能研、早稲アカ、四谷大塚などの進学塾の中でも、抜きんでています。

サピックスの算数は週2コマです。それぞれ、算数Aと算数Bに分かれています。
1コマ目の算数Bでは、新しい単元、2コマ目の算数Aでは、前週に習った単元の復習を行います。

この授業の進み方は、受験生がつまずきやすい「比」や「割合」、「図形」などの単元でも変わりません。
最初から最後まで、全ての単元を2週間に1つずつこなしていくという、ハードな授業進度です。

カリキュラムの連続性に注意

また、サピックスの算数の特徴のひとつが、連続性のあるカリキュラムです。

たとえば、5年生の算数では、中学入試の重要単元「比と割合」を学びます。
そして、「割合」が終わると、「相当算」「損益算」「食塩水の濃度」など、「比」や「割合」に関連する単元を勉強します。
さらに、5年生の秋以降は、「比」や「割合」を使った文章題、図形問題を解いていくことになります。

このように、サピックスの算数は、関連した単元を連続して学んでいくカリキュラムです。
そのため、「比」「割合」でつまずいてしまうと、「比」「割合」を使いこなす5年生後半のカリキュラムに太刀打ちできない、という状況に陥ってしまいます。

徹底した反復学習

徹底した反復学習

それから、一部の保護者の方からは「こんなにしつこく似た問題をやるなんて」という声が上がるほどの、徹底した「反復学習」も、サピックスの算数の特徴のひとつです。

たとえば、毎回の授業で配られるデイリーサポートは、裏面に表面と全く同じ問題が載っています。家庭学習で復習に使うためのものです。

また、サピックスのカリキュラムでは、一度学んだ単元は、カリキュラムが進んでいくにつれて繰り返し出てきます。
たとえば、「てんびん」について見てみましょう。

・小4の3月頃 「てんびんのつりあい」
      ↓
・小4の「てことてんびん」
      ↓
・小5の「てこ」

このように、同じ内容を、時間をおいて何度も繰り返し、しっかりしみこませていきます。

宿題の量も膨大

教材についても、サピックスの場合は大きな特徴があります。 それは、プリント教材や宿題の量の多さです。

サピックスの毎回の授業で配られるプリント教材は、膨大な量になります。
まず、2月~7月までで、デイリーサピックスが20冊以上も配られます。他にも、デイリーサポートや基礎トレなどがありますね。

これだけでも、小学生のお子さん一人では、とてもこなしきれないほどの教材の量です。
しかし、さらに、デイリーサポートの裏面を始めとした大量の宿題も出されます。

これらの教材や宿題を全てこなそうとすると、時間がいくらあっても足りません。
冊子化されたテキストを使う日能研や早稲田アカデミーと違い、大量のプリントの整理など、ご家庭の負担が大きい部分もあると言えるでしょう。

サピックスの算数でお困りの方は
お問い合わせください。

サピックス 算数で陥りがちな状況とその対策

ここまでは、他の中学受験塾とは異なるサピックスの算数の特徴についてお伝えしてきました。

サピックスの算数は、授業進度、カリキュラム、教材など、様々な面で特殊です。

そのため、多くのサピックス生が陥ってしまいがちなパターンがいくつか見られます。

ここからは、サピックス生が陥りがちなパターンとその対策について、詳しくお伝えしましょう。


やることが多すぎてこなしきれない

繰り返しになりますが、サピックスでは、デイリーサポートなど、教材の量、そしてこなさなければならない勉強量が膨大です。

ですので、サピックスのご家庭では、「やることが多すぎて手が回らない」「どこから手をつければいいのか分からない」という状況が多く見受けられます。

こういった状況の原因は、多くの場合、「全部をこなさないといけない」という思い込みにあります。
ただ、サピックスの勉強量は、とても100%完璧にこなしきれるものではありません。

大切なのは、お子さんに合わせて、教材の中から必要な内容を取捨選択してあげることです。


デイリーサポート、デイリーサピックス

お子さんの理解度にもよりますが、最低限、授業プリントの「導入と基本」「デイリーサポートAとB」までは解けるようにしておきましょう。
そこまでできれば、基礎は固めることができます。

さらに、サピックスの場合、御三家・難関校向けに問題のレベルが高すぎるものもあります。
単元によって、デイリーサピックスの☆いくつまでやるか、などを細かく指示してあげるのが効果的です。

マンスリーテストは、「基礎トレ」と「デイリーサポートの☆2つの問題」で約120点分が出題されています。
ですので、御三家など、最難関校を目指しているのでない限り、無理に難しい問題を解けるようになる必要はありません。

ベイシック

復習をする際、「どこから手をつけていいか分からない」という場合には、デイリーサピックスの内容と対応しているベイシックを使うのも効果的です。

ケアレスミスが多い

サピックス生にありがちなのが、難しい問題は解けるのに、簡単な問題を計算ミスで落としてしまうケースです。

基礎トレは、必ず毎日やるようにしましょう。
どうしても時間がない場合には、毎日全てをやるのではなく、苦手な番号だけをやったり、奇数番号と偶数番号を交互に取り組んでいったりというやり方もあります。

急に成績が下がってしまった

また、小5の後半や小6になって、急に成績が下がってしまった、というサピックス生も少なくありません。
そういったサピックス生に多いのが、「応用問題、複合問題が苦手」というケースです。

サピックスの算数では、小5の後半以降、入試に向けた実践的な問題をどんどん解いていきます。
そういった実践的な問題は、それまでに習った解き方や公式を組み合わせて使う「複合問題」がほとんどです。

たとえば、「相似」の問題を解くには、図形の知識だけでなく、「比」もしっかり理解しておく必要がありますよね。

ただ、前に習った単元が理解できていないと、6年生以降の「複合問題」は解けません。
そのため、6年生になって成績が急に落ちてしまうのです。


問題の解き方を覚えてしまっている

それから、サピックス生に多く見られる傾向にあるもう1つのパターンとしては、「少しひねられたり、形が変わったりすると解けない」、というケースです。
これは、問題の解き方を「丸暗記」してしまっているためです。

サピックス生が普段、使っているデイリーサポートは、表裏で同じ問題が載っています。 1つの問題パターンにつき、基本的に問題が1題、という構成です。
そのため、解答を丸暗記してしまえば、ある程度こなせてしまいます。
また、基礎力定着テストやマンスリーでも、それなりに点数が取れてしまいます。

ただ、高学年の応用問題になると、理屈や解答の過程を理解しておかなければ、解くことができません。

他にも、サピックス生が陥りがちな状況はありますが、特にご相談が多いのは、ここまでお話ししてきたようなケースです。

サピックス専門・プロ家庭教師による算数対策

現在、お子さんの算数の状況はいかがでしょうか?
順調に進んでいるでしょうか?

  • 授業が速すぎてついていけない
  • ケアレスミスが多い
  • 宿題をこなしきれない
  • 一問解くのに何時間もかかってしまう
  • 応用問題が苦手
  • 「比」「割合」がよく分かっていない
  • 解き方を暗記してしまっている
  • 解説が不親切で、教えられない

もし当てはまる状況がありましたら、「サピックスに強いプロ家庭教師」に算数対策を任せるのも1つの方法です。
(サピックスの現役・元講師、サピックス生の指導経験が豊富な講師をご紹介できます)。

算数は、中学受験の最重要科目です。
しかも、サピックスの算数のカリキュラムや教材はかなり特殊です。サピックスについて詳しくなければ、成績を上げることはなかなかできません。

ですので、算数にご不安がある場合は、できるだけ早く何らかの手を打つことをお勧めします。

家庭教師にご興味をお持ち頂いた方は、まずは一橋セイシン会の詳しい資料をご請求ください。

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

「10倍分かる過去問」
  • 優先予約
  • 合格体験記
  • 保護者の方へ
塾別対策 専門サイト
SAPIX対策 日能研対策 早稲アカ対策 四谷大塚対策 栄光対策 市進対策 啓明舎対策 希対策 啓進塾対策 臨海セミナー対策
メディア掲載情報
AERAKids
AERAKids
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2010年3月25日付
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2009年4月3日付
プレジデントファミリー
頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
朝日小学生新聞
朝日小学生新聞
  • ST過去問バナー
  • ST繁田さんバナー
  • 家庭教師・プロ家庭教師募集

※指導による成果には個人差があります。このページの上部へ