サピックスに強いプロ家庭教師を紹介します。

サピックス 社会対策 カリキュラムの特徴と
対策ポイント

サピックス 社会対策

中学受験の社会は、「地理」「歴史」「公民」の3つの分野から出題されます。内容は高度で、センター試験レベルの問題を解くこともあり、覚える量も膨大です。

さらに、サピックスは、他の進学塾と比べて、カリキュラムや教材が特殊です。
そのため、合わない勉強法、間違った対策をしてしまい、「時間をかけても成績が伸びない」「偏差値がどんどん下がってしまう」というお子さんもよく見られます。

このページでは、サピックスの社会について、カリキュラムや教材の特徴、注意点、社会の成績を上げるための勉強法をお話しします。
お子さんの社会の成績を上げるために、少しでもお役に立てば幸いです。ぜひご覧頂ければと思います。

サピックスの社会の特徴

テストでは正確さが求められる

正確で細かな知識が求められる

まず、正確な知識を身につけることが求められます。
たとえば、6年生の「マンスリーテスト」や「サピックスオープン」を見てみましょう。

歴史の問題では、「藤原氏の一族、一人一人についての理解を問う問題」や、「鎌倉時代の仏教について、宗派それぞれの特徴を問う問題」など、かなり細かい知識を問う問題が出されています。
単に、人物名や宗派だけでなく、その中身まで、細かく知識を身につけておかなければ解けません。

厄介な選択問題

さらに、「正誤の組み合わせを答える問題」、「すべての選択肢が正しい」という答えになる場合もある問題」なども出されています。
こういった問題は、消去法で答えを出すことができません。ですので、すべての選択肢について正誤を判断できる、正確な知識が必要とされます。

記述も正確性が重視される

さらに、サピックスの社会では、漢字指定の問題など、単語を書いて答える問題も出されます。
このとき、暗記の得意なお子さんによく見られるのが、表記間違いです。漢字の間違いはもちろん、「ハイブリッド○ ハイブリット×」など、混同しやすい用語もあります。
間違いやすい語句などを洗い出し、日頃から重点的に対策するのが効果的です。

問題文の形式に
戸惑ってしまうケースも・・・

さらに、サピックスで社会が苦手なお子さんにありがちなのが、テストで少しひねった聞かれ方をすると、何を答えればいいのか分からなくなってしまう、というケースです。

たとえば、6年生のある復習テストでは、「足利義政、源頼朝、聖武天皇」という有名な人物を問う問題が出たことがありました。
これなら、多くのお子さんが正解できるはずです。ただ、実際の正答率は、それほど高くありません。
問題形式が、「女性視点の文章を読んで、“夫”の名前を答える」というものだったためです。

サピックスの社会で成績を上げるためには、問題文の形式に惑わされず、持っている知識を「使える」ように、確実に身につけておくことも求められます。

難関校を意識した高度な記述問題

それから、学年にもよりますが、サピックスオープンの後半の問題では、長く、レベルの高い記述問題が出題されます。
国語でも記述力が重視されているサピックスらしい出題です。
これは、駒東、麻布、武蔵、海城、芝など、難関校の入試問題を意識していると思われます。

サピックスの記述問題で点数を取るには、よく言われることですが、まずは、語句だけではなく、出来事の流れや背景、仕組みを理解しておくことが不可欠です。
それに加えて、国語の記述のように、問題に応じた解答ポイントのまとめ方や、点数が取れる記述の書き方も身につけておかなければなりません。

サピックス社会で陥りやすい状況と
その対策

いかがでしたか。
ここまでは、他の中学受験塾とは異なるサピックスの社会の特徴についてお伝えしてきました。
ここからは、サピックス生が陥りやすい状況から、サピックスの社会の対策について、詳しくお伝えします。

社会にまで手が回らない

社会にまで手が回らない

勉強量が多いサピックス生からよく聞かれるのが、「算数や国語で手いっぱいで、社会まで手が回らない」というお悩みです。
この場合、ほとんどは、算数・国語に多くの時間を使いすぎてしまっている、ということが原因です。

しかし、ご存知の通り、中学受験の社会は、センター試験レベルの問題を扱うこともあります。
ですので、社会の勉強時間は確保しなければなりません。

そこで、状況に合わせて、

  • 4科目の時間配分を調節する
  • やるべきところとそうでないところを取捨選択する

など、効率的な家庭学習をさせてあげることが重要になってきます。

量が多すぎて覚えられない

また、「量が多すぎて覚えられない」というご相談もよく寄せられます。
このとき、やたらと多くの教材に手を出すと、どれも中途半端になってしまいます。

サピックスの場合は、『ウィークリーサピックス』『白地図トレーニング帳』『アトラス地図帳』『ジュニア歴史資料』『コアプラス』など、教材が充実しています。
まずは、それらの教材をうまく活用しましょう。たとえば、5年生の範囲である地理や歴史に抜けがあるときは、ウィークリーサピックスで復習をすると効果的です。

また、隙間時間に、コアプラスで習った範囲の復習をしたり、気分転換に『サピックス重大ニュース』を読んだりするのも良いでしょう。

それでも時間が足りない、という場合には、テストに出やすいところから、優先順位をつけてあげることがポイントです。

記述問題で点数が取れない

また、知識問題では点数が取れるのに、記述問題になると点数が取れない、というお子さんも少なくありません。
ただ、やみくもに記述の勉強に時間をかければいいというものではありません。

なぜなら、記述問題は、出題されない学校も少なくないからです。
志望校によっては、お子さんに必要のないことはやらない、という取捨選択をしてあげることも必要です。

また、記述問題が出題される学校を志望している場合も、

  • 記述問題で出やすいポイント
  • 志望校の記述の特徴
  • 混同しやすい人物や出来事

などを押えて、記述の練習をしていくのが効率的です。

もし期待する結果が出ていないなら
中学受験専門のプロ家庭教師を
ご検討ください

現在、お子さんの社会の成績は順調に伸びていますでしょうか?
以下に注意が必要な状況をまとめましたので、ご確認ください。

  • 苦手分野がある
  • どこが出やすいのかわからない
  • 名前や出来事だけ丸暗記している
  • 書き取りのミスが多い
  • 記述問題が苦手
  • 社会の勉強時間を取れていない

もし当てはまる状況がありましたら、中学受験専門のプロ家庭教師に算数対策を任せるのも1つの方法です。

特にサピックスの社会のカリキュラムや教材はかなり特殊です。サピックスについて詳しくなければ、成績を上げることはなかなかできません。
ですので、社会にご不安がある場合は、豊富な指導経験に裏付けられた専門性とノウハウを持つ、中学受験のプロ家庭教師をご検討頂ければと思います。

サピックスに強い
プロ家庭教師をご紹介します

お子さんの成績はいかがでしょうか?

もし、お子さんが期待する結果を出せていない場合には、「サピックスに強い家庭教師」に頼ることもぜひ検討ください。
私たち一橋セイシン会には、サピックスの現役講師・元講師、サピックス生の指導経験が豊富なプロ講師が数多く在籍しています。

現在、期待する結果が出ていなくても、それはお子さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういったお子さんは、受験勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばす可能性が高まります。

  • 上位クラスに入れない
  • 苦手科目・単元を解消できない
  • テストの成績が上がらない
  • 教材の効果的な使い方がわからない
  • 勉強しているのに結果が出ていない

そんな悩みを抱えている方は、まずは詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません。)

サピックスの成績アップ対策は中学受験専門一橋セイシン会にお任せください!!
最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ一緒にがんばりましょう。

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

合格体験記 公式LINE
  • 合格体験記
  • 公式LINE
塾別対策 専門サイト
  • SAPIX対策
  • 日能研対策
  • 早稲アカ対策
  • 四谷大塚対策
  • 栄光対策
  • 市進対策
  • 啓明舎対策
  • 希対策
  • 啓進塾対策
  • 臨海セミナー対策
メディア掲載情報
AERAKids
AERAKids
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2010年3月25日付
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2009年4月3日付
プレジデントファミリー
頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
朝日小学生新聞
朝日小学生新聞
  • 家庭教師・プロ家庭教師募集