サピックスに強いプロ家庭教師を紹介します。

サピックス 理科対策 カリキュラムの特徴と
対策ポイント

サピックス 理科対策

中学受験の理科は、「物理」「化学」「生物」「地学」の4つの分野から出題されます。勉強する内容は非常に高度で、センター試験レベルの問題を解くこともあります。

なかでも、サピックスは、他の中学受験塾と比べると、カリキュラム構成や教材が特殊です。
そのため、間違った勉強法、的外れな対策をしてしまうと、「どんどん成績が下がってしまう」「頑張っていても偏差値が伸びない」という状況に陥ってしまいます。

このページでは、サピックスの理科のカリキュラムや教材の特徴や注意点、理科の成績を上げるための勉強法についてお伝えしています。
お子さんの理科の成績を上げるために、少しでも参考になれば幸いです。ぜひご覧頂ければと思います。

サピックスの理科の特徴

『基礎トレ』による徹底反復

『基礎トレ』による徹底反復

また、サピックスでは、徹底的な反復学習も大きな特徴のひとつです。理科でも、4・5年生の間、毎日の宿題として、『基礎力トレーニング(基礎トレ)』が出されます。

基礎トレでは、似たような問題を毎日10題ずつ、解いていきます。内容は、約1ヶ月前の授業の内容を復習する形で進みます。

この基礎トレを毎日欠かさず続ければ、基礎知識や計算力が確実に身につきます。
しかし、「基礎トレを毎日やっていない」「基礎トレをやる時間がない」というケースもよく見られるのが実状です。

5年生のうちに
『コアプラス』で基礎固めを

サピックスの理科の教材には、デイリーサピックスや新分野別問題集、コアプラスなどがあります。
サピックスで成績を上げるためには、これらの教材をうまく使いこなしていくことも必要です。

なかでも、基礎固めに効果的なのがコアプラスです。コアプラスは、5~6年生が使用する、一問一答形式の問題集です。
赤字で答えが印刷されており、付属の赤いシートで答えを隠せるようになっています。内容は、10週前の授業内容を復習していく形です。

そのため、授業→基礎トレ→コアプラスというサイクルで、知識の定着ができるのです。
特に、5年生は、このコアプラスを使って知識の基礎固めをしっかり行っておくことが重要です。

なぜなら、サピックス生は、5年生を終えた時点で「植物」「動物」「力学」「運動」「電気」「水溶液」「気体」「燃焼」「気象」「天体」「地層」など、入試で頻出の単元をほぼ全て終わらせるからです。
そして、6年生では、それらの知識を活用して、実際の入試問題に取り組んでいきます。

ですので、6年生になるまでに、それまでに習った範囲の知識を、最低限、固めておくことが不可欠です。
早いうちからコアプラスをうまく活用して、基礎知識を固めていきましょう。

こういった教材ごとの特徴をふまえて、日々の学習に活用していけるかどうかも、理科の成績を上げるための重要なポイントです。

テストでは
「問題文を正確に読む力」が重要

また、サピックスの理科のテストは、「問題文を正確に読み取る力」が重視されているのが特徴です。

復習テスト、組分けテスト、マンスリーテストで差のついた問題(正答率が6割以下の問題)は、問題文の読解力がポイントになっていることが多くなっています。
つまり、サピックスの理科の場合は「問題文の読解力」で差がつくことがほとんどなのです。

これは、サピックスが主に御三家や難関校を目指す進学塾である、というところに理由があります。
御三家や難関校の理科の問題は、単なる知識問題ではなく、問題文が非常に長く、かなりの読解力が求められます。
そのため、サピックスのテストも、それを意識して、正確な読解力が必要な問題を出題しているのです。

組分けテストでの例

具体的に例を挙げてみましょう。
ある組分けテスト(6年生)では、人体の大問が出題され、「吸収された養分をたくわえている臓器」が問われました。
しかし、解答を見てみると、多くのお子さんが「養分を吸収する臓器」を答えていました。

こういったミスは、非常に勿体ないですよね。
しかも、サピックスのテストだけでなく、入試問題でも十分にあり得るミスです。

こういったテストの傾向を知った上で、お子さんのミスを防ぐ対策を取っていくことも、成績を上げるためには必要になります。

サピックス理科で陥りやすい状況と
その対策

いかがでしょうか。
ここまでは、他の中学受験塾とは異なるサピックスの理科の特徴についてお伝えしてきました。

ここからは、サピックス生が陥りやすい状況から、サピックスの理科の対策について、詳しくお伝えします。

算国に追われて、
理科まで手が回らない

サピックス生に非常に多いのが、「算国で手いっぱいで、理社までこなしきれない」というお子さんです。
この場合、算国に多くの時間を使いすぎている、というケースがほとんどです。

しかし、最初にお話しした通り、中学受験の理科は、センター試験レベルの問題も扱います。ですので、理科の勉強時間は確保する必要があります。

といっても、サピックスの4科の勉強量は、すべてこなしきれる量ではありません。
そのため、状況に合わせて、やるべきところとそうでないところを取捨選択し、効率的な家庭学習をさせてあげることが何より重要です。

覚えてもすぐ忘れてしまう

また、理科で多いのが、「覚えてもすぐに忘れてしまう」というご相談です。
中学受験の理科で覚える量は膨大です。ですので、復習しようとしても手が回らず、その結果、「覚えてもすぐに忘れてしまう」お子さんがほとんどです。
ただ、実は、理科は、「すべての知識を丸暗記しなければならない」という科目ではありません。

大事なのは、「覚えなければならない知識」と、「考えれば答えられる知識」を分けて、勉強を進めていくことです。

たとえば、サツマイモは「ヒルガオ科」、ジャガイモは「ナス科」です。
これを知っていれば、「トマトやピーマンもナス科なんだ。それなら花もジャガイモと同じで、5枚の花びらがあるのかな?」と、応用が効きます。

しかし、「サツマイモ=5枚がくっついて筒状になった花」「ジャガイモ=5枚の花びら」と丸暗記するだけでは、他の植物に応用させることは出来ません。
また、暗記量も膨大になってしまいます。

このように、「覚えなければならない知識」と、「考えれば答えられる知識」を分けることで、暗記量を減らし、知識の定着により時間を使うことができるのです。

もし期待する結果が出ていないなら中学受験専門のプロ家庭教師を
ご検討ください

現在、お子さんの理科の成績は順調に伸びていますでしょうか?
以下に注意が必要な状況をまとめましたので、ご確認ください。

  • 苦手単元がある
  • テストにどこが出るのかわからない
  • 理屈が分からないまま丸暗記している
  • 計算問題が苦手
  • 実験問題が解けない
  • 理科の勉強時間を取れていない

もし当てはまる状況がありましたら、中学受験専門のプロ家庭教師に算数対策を任せるのも1つの方法です。

特にサピックスの理科のカリキュラムや教材はかなり特殊です。サピックスについて詳しくなければ、成績を上げることはなかなかできません。
ですので、理科にご不安がある場合は、豊富な指導経験に裏付けられた専門性とノウハウを持つ、中学受験のプロ家庭教師をご検討頂ければと思います。

サピックスに強い
プロ家庭教師をご紹介します

お子さんの成績はいかがでしょうか?

もし、お子さんが期待する結果を出せていない場合には、「サピックスに強い家庭教師」に頼ることもぜひ検討ください。
私たち一橋セイシン会には、サピックスの現役講師・元講師、サピックス生の指導経験が豊富なプロ講師が数多く在籍しています。

現在、期待する結果が出ていなくても、それはお子さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういったお子さんは、受験勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばす可能性が高まります。

  • 上位クラスに入れない
  • 苦手科目・単元を解消できない
  • テストの成績が上がらない
  • 教材の効果的な使い方がわからない
  • 勉強しているのに結果が出ていない

そんな悩みを抱えている方は、まずは詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません。)

サピックスの成績アップ対策は中学受験専門一橋セイシン会にお任せください!!
最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ一緒にがんばりましょう。

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

優先予約 合格体験記 公式LINE
  • 合格体験記
  • 優先予約
  • 公式LINE
  • お問い合わせ資料請求はこちら
塾別対策 専門サイト
  • SAPIX対策
  • 日能研対策
  • 早稲アカ対策
  • 四谷大塚対策
  • 栄光対策
  • 市進対策
  • 啓明舎対策
  • 希対策
  • 啓進塾対策
  • 臨海セミナー対策
メディア掲載情報
AERAKids
AERAKids
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2010年3月25日付
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2009年4月3日付
プレジデントファミリー
頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
朝日小学生新聞
朝日小学生新聞
  • 家庭教師・プロ家庭教師募集