日能研に強いプロ家庭教師を紹介します。 HOME 会社概要(アクセス)

日能研『全国公開模試』対策

日能研の公開模試対策を漠然としている方へ

「全国公開模試で偏差値を上げたいが、どう対策すればいいのかわからない。」
「採点結果がいつも悪い。」
「範囲が公開されるたび、その範囲だけはおさえようと頑張っている。」「何をすれば点数が上がるのかが知りたい。」
……

というお悩みを抱える方に、具体的な「全国公開模試」対策のしかたをお伝えしていきます。

なぜ、日能研の公開模試で偏差値が伸び悩むのか

まず、お子さんがどのような原因で伸び悩んでいるのかを考えましょう。

「全国公開模試」は入試本番を想定したテストです。
基礎問題が必ず設けられ、範囲の決まっている学習力育成テスト(旧カリテ)では一夜漬けで点数を稼げているとしても、公開模試で付け焼き刃は通用しません。

さらに、4~5年生ではうまくいっていても、6年生からいきなり点数がとれなくなるケースが目立ちます。
不得意分野の拡大という個人的な理由も考えられますが、最大の理由はテスト自体が入試の近づいた6年生から難しくなるためです。

当然、上位校入試向けの問題がいくつも含まれてきますので、こうした対策が不十分のお子さんは解けない部分が次々と増え、偏差値が下がってしまうのです。

日能研の公開模試で点が稼げるテクニック

上位校向けの記述問題や応用問題に対応できることが理想ですが、やはり自力では難しいのが現実です。

結局、模試直前にお子さんのレベルに見合わない学習をさせることになってしまい、取れる問題も落としてしまう事態になりかねません。

そこで、上位校向けの難問が解けなくても、まずは基本問題の部分で確実に点数を稼げるテクニックを実践しましょう。
大切なのは、時間内で基本問題を取りこぼさずに得点できる力です。

公開模試は、「範囲が決まっていない」という特徴がありますが、問題構成はある程度決まった型があります。

例えば、算数のテストでは大問1が必ず基礎計算(および単位換算)です。
この6題の基礎計算だけで約30点分となっており、ここで落とさないようにするだけでも偏差値は変わってくるでしょう。
解けない問題に無理やり挑戦するよりも、逆算の検算や解答の見直しに時間を割いたほうが有意義なことは間違いありません。
そして、基礎計算が解けたら、先にすべての大問の(1)だけに目を通し、解けそうな箇所から解くことを徹底してみてください。
なぜなら、すべての大問の(1)は比較的基礎的な設問になっていることが多いからです。

国語に関しても、毎回漢字の書き取りや接続詞の選択問題が出題されています。
このような問題は、「全国公開模試」だけでなく、本番の入試でも大半の学校が出題する傾向にありますので、手堅く得点できるよう勉強をしても損はないです。さらに、大問3題構成なら時間配分20・20・10分を厳守し、時間オーバーになる前にできそうな設問を探せる工夫もしましょう。

公開模試の対策は家庭に任せられている

このように、時間対効果を意識する入試では、「できて当たり前に思えるけれど徹底していなかった」という部分をお子さんと一緒に見つめなおすことが、最も理にかなった勉強法となっています。
得意・不得意に関わらず、模試前数か月分の学習力育成テスト(旧カリテ)のミスと解説まで目を通し、「忘れているな」と感じる基礎問題をピックアップして、再度テキストに戻り確認していくことで、今以上に実力を発揮することが可能です。

コンスタントに基礎問題が解けるようになり、さらに記述問題、応用問題へと得点力を伸ばしたい場合は、これまで以上に家庭学習で補っていくことが必要になってくるでしょう。

具体的にいうと、日能研の補助教材や市販のテキストから、お子さんに必要な問題だけを選んで演習していくことが求められます。
日能研の授業は理解重視で、個別の弱点対策や復習は家庭に任せられているため、「全国公開模試」で点数を伸ばしたいと思ったら、大人のフォローが必要不可欠になるのです。
言い換えれば、模試の採点結果はお子さんの能力の問題の前に、学習環境を改善することで向上していく、ということになります。

国語に関しても、毎回漢字の書き取りや接続詞の選択問題が出題されています。
このような問題は、「全国公開模試」だけでなく、本番の入試でも大半の学校が出題する傾向にありますので、手堅く得点できるよう勉強をしても損はないです。
さらに、大問3題構成なら時間配分20・20・10分を厳守し、時間オーバーになる前にできそうな設問を探せる工夫もしましょう。

日能研に強いプロ家庭教師をご紹介します
まずは資料をご請求ください

現在お子さんの成績はいかがでしょうか?
もし、お子さんが期待する結果を出せていない場合には、「日能研に強い家庭教師」に頼ることもぜひ検討ください。
私たち一橋セイシン会には、日能研の現役講師・元講師、日能研生の指導経験が豊富なプロ講師が数多く在籍しています。日能研のカリキュラム、教材、テスト対策、クラスアップ対策に詳しい講師です。

日能研に強いプロ家庭教師にご興味ある方は、まずは私たち一橋セイシン会の詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの方、学習相談をご希望される方は、下記のフリーダイヤルより直接お問い合わせ頂ければと思います(お電話でのご相談は無料です)。

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

「10倍分かる過去問」
  • 合格体験記
  • 保護者の方へ
塾別対策 専門サイト
SAPIX対策 日能研対策 早稲アカ対策 四谷大塚対策 栄光対策 市進対策 啓明舎対策 希対策 啓進塾対策 臨海セミナー対策
メディア掲載情報
AERAKids
AERAKids
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2010年3月25日付
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2009年4月3日付
プレジデントファミリー
頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
朝日小学生新聞
朝日小学生新聞
  • ST過去問バナー
  • ST繁田さんバナー
  • 家庭教師・プロ家庭教師募集

※指導による成果には個人差があります。このページの上部へ