日能研に強いプロ家庭教師を紹介します。 HOME 会社概要(アクセス)

日能研 理科対策

このページでは、日能研の理科の効果的な勉強法についてお伝えしています。
理科でお困りの方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

日能研の理科のつまずきパターンは2つ

日能研の理科が苦手なお子さんのつまずくパターンは、「暗記が苦手」か「計算が苦手」かの2パターンです。
「物理」「化学」が苦手な場合は「計算が苦手」、「生物」「地学」が苦手な場合は「暗記が苦手」である可能性が大きいです。

当然、それぞれのパターンごとに対策が異なります。
そのため、日能研の理科の勉強では、お子さんが「暗記が苦手」なのか「計算が苦手」なのかを、しっかりと把握した上で取り組む必要があります。

ですから、まずはお子さんがどちらのパターンなのかを判断しましょう。

お子さんのつまずきパターンを判断する方法

まずは学習力育成テスト(旧カリテ)をチェックしてみましょう。

計算問題をよく間違えていませんか?

どうして間違えたのかを、もう一度解かせてみて明確にしましょう。
詳しい内容は後述します。

また、暗記が苦手かを判断するときに学習力育成テスト(旧カリテ)を用いるときは注意が必要です。
学習力育成テスト(旧カリテ)は隔週もしくは毎週行われます。
記憶に新しいため、たまたま覚えていて解けてしまっているだけかもしれません。
少し時間をおいて、もう一度解かせるのが良いでしょう。

更に、『メモリーチェック』を用いてチェックすることも出来ます。
この方法で、「計算が苦手」なのか「暗記が苦手」なのかを判断してあげましょう。

次に、判断した上で実際にどうすれば良いのかをご説明します。

「計算が苦手」なお子さんは?

「計算が苦手」といってもその理由には2つのパターンが考えられます。
「ケアレスミスをしている」場合と、「そもそも理解できていない」場合です。

「ケアレスミスをしている」お子さんは当然ですが練習が必要です。
使用するテキストは『計算と漢字』で問題ありません。
ですが、テストで焦りによるケアレスミスをなくすことが目的なので、”必ず時間制限を設けて“取り組んでください。

「そもそも理解できていない」お子さんは、授業の復習に力をいれましょう。
実は、理解できていないのではなく、単純に演習量が足りないために、実践で使える知識として定着できていないお子さんが多いです。
日能研の理科の授業は理解重視で丁寧な説明をしてくれますが、授業では問題を解く機会が少ないという欠点があるためです。
ですので、『本科教室』の基本問題や『栄冠への道』の基本の確認を家庭学習の中で取り組んでください。

「暗記が苦手」なお子さんは?

まず前提になるのが、「嫌いな教科には意欲的には取り組めない」ということです。

さらに、「暗記」自体を苦手としている場合は、学校・塾・家庭で、教える側が理科の面白さを伝え、学習することに抵抗をなくすことが大切です。

その上で暗記が苦手なお子さんには、次の原因が考えられます。


  • そもそも暗記のための勉強をしていない
  • 一度覚えただけで、繰り返し取り組んでいない
  • インプットのみでアウトプットをしていない
  • 暗記の方法が合っていない

日能研には、暗記に適した『メモリーチェック』を活用するかと思いますが、上記の学習状況にお子さんが当てはまっている場合は、以下のポイントに注意してください。

  • 理論や背景と関連付けながら勉強する(理解度が高まれば定着度も高まります)
  • 繰り返し取り組むことが大切
  • テストなどで覚えたことをアウトプットするところまでやる
  • 自分に合ったやり方を見つける(お子さんの性格に合わせて、取り組むタイミングや、勉強方法を変えてあげましょう)

日能研で理科の成績を上げるには

学習力育成テスト(旧カリテ)の点数を見てはいけません。
なぜなら、学習力育成テスト(旧カリテ)は学習が定着しているかどうかを確かめるためのツールだからです。

日能研に通うお子さんは、授業→復習→学習力育成テスト(旧カリテ)→直し、のサイクルが大切になります。
つまり、日頃の勉強に学習力育成テスト(旧カリテ)をどのように活用するかが成績に差のでるポイントなのです。
そのため、逆に学習力育成テスト(旧カリテ)が出来ていても安心してはいけません。

    

実力は公開模試で測られるため、公開模試で点数が取れていなければ日頃の勉強方法を見直す必要があります。
その場合は、つまずきパターンの判断からやり直してみましょう。   

      

ここまでお話してきた苦手パターンの分析、それに応じた勉強方法の提示は、どちらもご家庭でしてあげなければなりません。
また、苦手なまま難関校向けの問題にまで取り組むことは時間の無駄になりかねないので問題の取捨選択をしてあけることが大切です。

もしも、ご家庭だけで対策が難しい場合は、是非、中学受験専門のプロ家庭教師にご相談ください。

日能研の理科の強いプロ家庭教師をご紹介します

日能研の理科の成績を上げて、志望校に合格するには、こうした日能研の理科のカリキュラムや教材、テストについて詳しいことが必要です。

私たち一橋セイシン会では、日能研出身のプロ家庭教師、日能研生を数多く指導してきたプロ家庭教師が在籍しています。理科でお困りの方は、私たち一橋セイシン会にお声掛け頂くこともぜひご検討ください。

ご興味お持ち頂いた方は、まずは資料をご請求頂ければと思います。お急ぎの方は、まずは下記のフリーダイヤルよりお電話頂ければと思います。

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

優先予約 「10倍分かる過去問」
    優先予約
  • 合格体験記
  • 保護者の方へ
塾別対策 専門サイト
SAPIX対策 日能研対策 早稲アカ対策 四谷大塚対策 栄光対策 市進対策 啓明舎対策 希対策 啓進塾対策 臨海セミナー対策
メディア掲載情報
AERAKids
AERAKids
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2010年3月25日付
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2009年4月3日付
プレジデントファミリー
頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
朝日小学生新聞
朝日小学生新聞
  • ST過去問バナー
  • ST繁田さんバナー
  • 家庭教師・プロ家庭教師募集

※指導による成果には個人差があります。このページの上部へ