日能研に強いプロ家庭教師を紹介します。 HOME 会社概要(アクセス)

日能研 クラスアップ対策のポイント

日能研は、中学受験の最大手塾です。
ご存知の通り、中堅校から難関中学まで幅広く合格実績を出しています。

カリキュラムテストは、授業の内容から決まった範囲が出題されます

ほとんどの小学生が苦労を強いられる日能研のカリキュラム

ただ、日能研のカリキュラムの量は膨大で、授業のスピードが速く、そして内容そのものが小学生にとって難しいため、ほとんどの日能研生が、かなりの苦労を強いられています。

  • 日能研の授業を理解しきれていない
  • 量が多過ぎてこなしきれない
  • 家庭学習がうまくいっていない
  • 学習力育成テスト(旧カリテ)で点が取れない
  • クラスアップできない

日能研に通っているお子さんの中からは、上記のような悩みの声が多く聞かれます。

そこで、このページでは、日能研で成績やクラスアップのために必要な対策のポイントをお伝えします。お子さんの成績を改善するヒントが必ずあるはずですので、ぜひご参考にして頂ければと思います。

日能研のクラス分けの基準

日能研の授業は、上位クラスと下位のクラスで、内容に差がつけられています。

所属するクラスによって、合格率がかなり変わるので、上位校を目指している場合は、特に、クラスアップ対策が重要になってきます。

日能研では、基本的に、小4・5生で2ヶ月に一度、小6生で毎月、クラス替えが行われます。クラス替えの基準となるのは、まず、全国公開模試の偏差値です。各クラスには「基準偏差値」が設定されています。

公開模試の偏差値が上のクラスの「基準偏差値」を超えた場合にクラスアップ、逆に所属クラスの「基準偏差値」を下回った場合に、クラスダウンが検討されます。

さらに学習力育成テスト(旧カリテ)の結果なども、クラス替えに影響してきます。

本科教室、栄冠への道、強化ツール・・・

本科教室、栄冠への道、強化ツール・・・

学習力育成テスト(旧カリテ)は、範囲が決まっている、授業の理解度をチェックする確認テストです。
日々の授業内容や教材から問題が出題されます。

日能研でいい成績をとるためには、日能研の教材を着実に理解していくことはもちろんですが、上手に使いこなすことも必要です。

日能研の教材は、授業用の「本科教室」と自宅学習用の「栄冠への道」の二本立てとなっています。

自宅学習用の「栄冠への道」は演習問題がメインとなっていて、もしその中で分らないことがあれば「本科教室」で確認すれば解決できるようになっています。

ただ難点は、「本科教室」の解説は決して親切とは言えず、保護者の方がそれを使って教える場合、苦労をされるケースも少なくないということです。ですので、この辺はうまく克服しないといけません。

さらに、「強化ツール」「計算と漢字」「メモリーチェック」といった教材も使用しています。こうした教材を使いこなすことによって学力を上げ、上位校合格を狙っていまきます。

日能研のクラスを上げるために重要なこと

そんな日能研ですが、クラスアップ対策において、何といっても一番大事なのは、日々の授業の理解です。中学受験の内容は高度です。範囲も広く、授業の進度も速いため、日能研の授業を100%完全に理解し、覚えているお子さんはほとんどいません。

そこで、日能研の授業でやったことをできるだけ理解し、理解しきれなかったところを家庭で補う「家庭学習」が重要となります。「中学受験は家庭学習で決まる」とも言われるほどです。

  • 日能研の授業でできなかったところを理解する
  • 習った内容の「振り返り」をして解けるようにする
  • 苦手単元・教科の穴埋めをする
  • 学習力育成テスト(旧カリテ)対策を行う

日々の勉強の中で、大まかに言ってもこれだけのことが必要です。
もちろん、お子さんによって、必要な内容や優先順位が全く変わってくる、ということも考慮に入れなければなりません。

日能研でクラスアップするためにも、日々の授業の理解が最も重要です。

正しく日能研の対策が出来ているお子さんは少ない

ただ、ここで一つ、注意したいのは、この家庭学習を、お子さんだけに任せることは、とても危険だということです。なぜなら、自分自身で正しい勉強法を確立できているお子さんはとても稀だからです。

私たちは今まで数多くの日能研の生徒を見てきましたが、正しく日能研の対策が出来ているお子さんは、確率にして1%程度だと思います。
つまり、日能研のクラスアップのためには、保護者の方が、家庭学習を管理してあげる必要があるのです。

保護者の方が教える場合・・・

ただ、保護者の方が管理する場合は、中学受験のやり方をきちんと理解した上で、お子さんを正しく指導してあげる必要があります。
実際は、これは非常に難しいことです。保護者の方に中学受験の経験があっても、なかなか教えられない、ということもあります。自分がやることと、それを人に教えるのは全く別のことだからです。

また、日能研と違う教え方をしてしまうと、お子さんがますます混乱してしまう、というケースもあります。お子さんが理解しやすいやり方で教えてあげることが大切です。

家庭学習で重要なポイント

では、実際は、どのように家庭学習を進めればよいのでしょうか。 家庭学習の管理で大切なのが、次のポイントです。

  • やるべきこととそうでないことの取捨選択、優先順位
  • 覚える必要性のあるところと、そうでないところの区別
  • 出題傾向を踏まえた効果的なテスト対策
  • お子さんの性格を考慮した指導方法

もちろん、これだけではありませんが、最低限、こうしたことは管理してあげる必要があります。

勉強時間は長くても・・・

勉強時間は長いけれども、机に向かっているだけではかどっていない、1問解くのに時間をかけすぎている、というお子さんもいます。そもそも日能研の授業が理解できていないと、宿題に取り組んでも時間がかかるばかりです。

また、苦手科目は避けて、得意科目しか手をつけていない、というお子さんもいます。成績を上げ、合格に近づくためには、苦手教科・単元を早いうちに克服することが必要です。

クラスアップのためにも、日々の授業で理解できていないところに重点を置くことが大切です。

小学生にありがちな家庭学習の失敗を踏まえた上で、
お子さんの家庭学習を管理することが必要

このように、保護者の方には、小学生にありがちな家庭学習の失敗を踏まえながら、お子さんの家庭学習を管理していくことが求められます。ご理解頂けたように、家庭学習をお子さん任せにするのはとても危険です。

ただ、ほとんどの日能研生が家庭学習を上手くできていません。
ですから、成績やクラスアップができない原因のほとんどは、正しいやり方で勉強ができていないことにあると断言してもいいでしょう。

逆に言うと、正しいやり方で勉強を進めていけば、日能研の成績やクラスアップをすることができます。競争の厳しい日能研においても、他のお子さんと差をつけていくことができるでしょう。

日能研に強いプロ家庭教師をご紹介します
まずは資料をご請求ください

現在お子さんの成績はいかがでしょうか?
もし、お子さんが期待する結果を出せていない場合には、「日能研に強い家庭教師」に頼ることもぜひ検討ください。
私たち一橋セイシン会には、日能研の現役講師・元講師、日能研生の指導経験が豊富なプロ講師が数多く在籍しています。日能研のカリキュラム、教材、テスト対策、クラスアップ対策に詳しい講師です。

日能研に強いプロ家庭教師にご興味ある方は、まずは私たち一橋セイシン会の詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの方、学習相談をご希望される方は、下記のフリーダイヤルより直接お問い合わせ頂ければと思います(お電話でのご相談は無料です)。

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

「10倍分かる過去問」
  • 優先予約
  • 合格体験記
  • 保護者の方へ
塾別対策 専門サイト
SAPIX対策 日能研対策 早稲アカ対策 四谷大塚対策 栄光対策 市進対策 啓明舎対策 希対策 啓進塾対策 臨海セミナー対策
メディア掲載情報
AERAKids
AERAKids
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2010年3月25日付
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2009年4月3日付
プレジデントファミリー
頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
朝日小学生新聞
朝日小学生新聞
  • ST過去問バナー
  • ST繁田さんバナー
  • 家庭教師・プロ家庭教師募集

※指導による成果には個人差があります。このページの上部へ