日能研に強いプロ家庭教師を紹介します。 HOME 会社概要(アクセス)

日能研 算数対策

日能研 算数対策

このページでは「日能研の算数のテキストの量が増えてきて宿題に手が回らず、学習力育成テスト(旧カリテ)対策もできていないお子さんが、優先順位を決めて学習計画を組む方法」についてお伝えしています。

日能研の算数の成績が、学年が上がるごとに落ちる理由

それは、学年が上になるにつれてテキストの量が増えていくためです。

例えば、日能研の算数では、主に授業用の『本科教室』と家庭学習用の『栄光への道』を使用します。
この2冊だけでも小学生のお子さんにとっては十分な量です。

しかしそれに加え、『計算と漢字』、さらには6年生になると『強化ツール』や『日特問題集(銀本)』といったテキストも配られます。
これだけのテキストが用意されていれば全てこなしきれなくなっても仕方がありません。
むしろ、全てに取り組もうとすることで、宿題も手が回らなくなってしまい、復習をする時間も確保できなくなってしまいます。

それにより、学習力育成テスト(旧カリテ)対策が疎かになって、成績が伸び悩んでしまうのです。

では、次にそのような状況を変える方法をお伝えしていきます。

学年が変わるごとに、学習計画を見直していますか?

5年生のときにやっていた勉強法は6年生では通用しません。
5年生まではテキストの量も多くなく、頑張って勉強していればなんとかなった算数も、6年生では確実に復習にまで手が回らなくなってしまいます。
なぜなら、6年生はテキストの数が多くなるだけでなく、他教科の社会では、地理などの暗記科目も増えてくるためです。

その結果、6年生前半では、「どれだけ5年生までの基礎が固められているか」で成績に大きな差がついてしまいます。
6年では応用問題が増えますが、多くのお子さんが初めは解くことができません。
つまり、基礎をどれだけ落とさないかが模試で点数を取るためのポイントとなるのです。

そのため、5年生までに基礎が固まっていないお子さんの場合は、夏期講習の始まる前の7月までに、基礎を固めなおすための学習計画を立てなければいけません。

6年生の算数の落とし穴

上記でお話したように、6年生の前半は基礎を見直すことに集中して取り組まなければいけません。

前期日特や、新たに用意されたテキストに取り組みたくなってしまう気持ちも分かります。
しかし、応用問題をむやみやたらに解くだけでは、決して成績には繋がりません。
それだけでなく、今のままの学習を続けると、最終的には「何が分からないのかが分からない」という状況に陥ります。

その結果、弱点克服のための夏期講習を無駄にしてしまうだけでなく、基礎が出来ている前提で進む夏以降の志望校対策では、授業についていけなくなってしまうでしょう。       

では、そのような状態を向かえないためにはどうすればいいのでしょうか?       

日能研算数の正しい勉強法とは

大切なのは、やみくもにテキストに取り組むのではなく、各テキストの中から保護者の方が、お子さんがやるべき内容をピックアップしてあげることです。

この時のポイントとしては、計算ミスをなくしたいのか、図形の作図をできるようにしたいのかなど、お子さんがつまずいている箇所を解決するための目的をはっきりとさせてあげることです。

さらに理想をいえば、お子さんの目指す志望校に頻出の問題、良く出る問題に絞ってあげることで、お子さんの負担をグッと減らしてあげることもできるでしょう。

しかし、なかなかご家庭だけではこのような細かい対策をすることは難しいです。
第三者に頼っていただくのが理想ですが、それも厳しい場合は、次の対策をしてみてください。

まずは『本科教室』と『栄冠への道』だけで大丈夫です

最初はメインの『本科教室』と『栄冠への道』の2冊だけに集中して取り組んでください。

これだけで大丈夫なのかと不安になって色々なテキストに手を出したくなるのも分かりますが、そこは保護者の方がグッと辛抱してあげる必要があります。
お子さんがやりきれない内容に中途半端に取り組んでしまうことが、一番の遠回りとなってしまうからです。

まずは、お子さんがやりきれる内容として、『本科教室』を完璧になるまで行いましょう。
最初は授業でやったヒントやテキストの解説を見ずに、自力で解いてみます。
そこで出来なかった箇所に後で分かり易いように印をつけて、またチャレンジする、の繰り返しです。
取り組む上で、学習力育成テスト(旧カリテ)の結果を見て苦手を分析できていればなお良いでしょう。

また、『栄冠への道』では基本確認をやるようにしてください。
とにかく3回でも4回でも、答えを暗記してしまう勢いで繰り返すことが大切です。
問題研究に関しては、余裕があったら取り組んでください。

『計算と漢字』など他のテキストは、この2つが完璧にできるようになってからで大丈夫です。

まとめると、幅広く手をつけるのではなく、1つずつ確実にしてから次のステップに行くということが肝心です。

このように、お子さんの学習状況に合わせた計画を組むことが成績アップへの近道となります。
もしも、親御さんだけでは難しいという場合は、当会の中学受験専門プロ家庭教師に、ぜひご相談いただければと思います。

日能研の算数の強いプロ家庭教師をご紹介します

日能研の算数の成績を上げて、志望校に合格するには、こうした日能研の算数のカリキュラムや教材、テストについて詳しいことが必要です。

私たち一橋セイシン会では、日能研出身のプロ家庭教師、日能研生を数多く指導してきたプロ家庭教師が在籍しています。算数でお困りの方は、私たち一橋セイシン会にお声掛け頂くこともぜひご検討ください。

ご興味お持ち頂いた方は、まずは資料をご請求頂ければと思います。お急ぎの方は、まずは下記のフリーダイヤルよりお電話頂ければと思います。

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

「10倍分かる過去問」
  • 優先予約
  • 合格体験記
  • 保護者の方へ
塾別対策 専門サイト
SAPIX対策 日能研対策 早稲アカ対策 四谷大塚対策 栄光対策 市進対策 啓明舎対策 希対策 啓進塾対策 臨海セミナー対策
メディア掲載情報
AERAKids
AERAKids
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2010年3月25日付
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2009年4月3日付
プレジデントファミリー
頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
朝日小学生新聞
朝日小学生新聞
  • ST過去問バナー
  • ST繁田さんバナー
  • 家庭教師・プロ家庭教師募集

※指導による成果には個人差があります。このページの上部へ