日能研に強いプロ家庭教師を紹介します。 HOME 会社概要(アクセス)

日能研『オプ活』の必要性

日能研の「オプ活」はやる必要があるのか

オプ活について

多くのご家庭で、「オプ活」はやったほうが良いのか、やらなくても良いのかということが悩みのタネとなっています。

「オプ活」とは、オプション活用の略で、日能研のメインテキスト『本科教室』の中に含まれる教材ページのことです。
「オプション」という名前から、まさに「本科教室」の補充問題のような位置づけといえます。
「理解」「活用」「説明」といくつか種類があり、目的に応じて使い分けることができる仕様です。
『本科教室』だけでなく複数の教材を使用している日能研では、ただでさえやることが多い状態なのに、「オプ活」までやるとなると相当負担となってしまうでしょう。

下位クラスなら、「オプ活」までやらなくてよい

実は、お子さんが下位クラスに在籍する場合、「オプ活」を利用した家庭学習は避けるべきで、やる必要はありません。
主な理由は、次の3点です。


①1題に時間がかかり、基礎の徹底を妨げる

②入試のような典型的な難問がそろっている

③類題演習であれば他に活かせる教材がある

理由①:1題に時間がかかり、基礎の徹底を妨げる
下位クラスのお子さんが自力で「オプ活」をこなすとなると、非常に時間がかかります。
日能研『本科教室』の「考えよう」など、基本でつまずいている段階でより高いレベルの問題を解こうとすると、いわゆる“思考停止”の無駄な時間を作り出してしまうことにつながる危険があるでしょう。

今、下位クラスのお子さんに最も必要なのは、基礎力を徹底して付けさせることです。
例えば、算数の「オプ活」を1題解く時間があったら、過去に学習したことがある一行題や基礎計算を数題解かせるほうが、「できた」という成功体験を導きやすいうえ、基礎力の強化という面では効率が良い方法だといえます。

理由②:入試のような典型的な難問がそろっている
「オプ活」は難易度の高い問題や、入試レベルの問題で構成されていることがあります。
特に算数の「オプ活」は難問が多く、上位クラス向けといえる内容の濃さです。

では、お子さんのレベルが追い付かないうちは「オプ活」のような水準の高い教材で学習できないのか?というと、決してそうではありません。
ただ、もし「オプ活」を家庭学習のサイクルに取り入れるとすれば、保護者の方が問題を1題1題吟味し、お子さんにとって必要な演習問題かどうかを見極めることが求められるということです。

確かに、「オプ活」には私立入試向けの良問がそろっています。

しかし、受験対策に詳しいプロの手助けなしでは、中途半端に手を出して失敗するリスクのほうが高いということを心に留めておいてください。

理由③:類題演習であれば他に活かせる教材がある
上記の理由をお読みいただければ、「オプ活」とは成績が低迷しているときに使う教材ではないということがご理解いただけたかと思います。
それでは、安易に「オプ活」に手を出す前に、他にやるべきことはないのかを考えてみましょう。

例えば、日能研『栄冠への道』にはしっかり手が回っている状態でしょうか。
授業で習ったことを理解し、『本科教室』に載っている基礎問題が一通り解けたあとは、その類題をできるだけたくさん解いて基礎力の定着を図ることが目標です。

このような類似演習問題は、『栄冠への道』によくまとめられています。
まずは、このテキストをしっかり使いこなすことができているか、お子さんの学習状況とともに振り返ってみてください。
もし、授業で習ったことを忘れてしまうために類題演習が進まないとすれば、授業から復習までの時間が空きすぎているか、授業のペースがお子さんに合っていない可能性があります。
「学習習慣の確立ができていない=中学受験では致命傷」ということを頭に入れ、早めに第三者への相談がおすすめです。

上位クラスなら、「オプ活」を上手に取り入れる

お子さんが上位クラスに在籍する場合、難問ぞろいの「オプ活」を上手に活用していくことで模試やテストの成績のアップが見込めます。
スピード感をもって基本問題を解くことができ、余った時間でさらにレベルの高い問題に挑戦したい場合、「オプ活」は大いに活かせる教材となるでしょう。

日能研では「公開模試」や「学習力育成テスト(旧カリテ)」が定期的に実施され、その結果によって希望のクラスに編入したり、志望校対策講座の受講が認められたりしています。
こうした模試やテストでは端的な知識・計算力を問う基本問題のほか、本番の入試に対応できるよう発展的な問題も出題されており、これらをいかに正答するかで得点に差が付くのです。

上位クラスでは「オプ活」が宿題として扱われることもよくありますので、日々の家庭学習にも取り入れやすいと言えます。
解説をしてもらったら、解き方をノートにまとめ、模試・テスト前に見直しができるようにしておくとなお良いでしょう。

オプ活の教科ごとの内容

算数

理解
その回で学んだ内容をより深く掘り下げて考えるための課題がのっています。
この課題を通して、学んだことをどのようにつかんできたのかを振り返ります。
活用
その回で学んだ内容を使う課題がのっています。この課題を通して、すでに持っている考え方と新しく学んだ内容を結び付けていくことを目的としています。
説明
その回で学んだ内容を自ら説明したり表現したりする課題が出されています。
この課題を通して、学んだ内容をより深めます。

国語

理解
文章内容とともに読解に必要なことがらを深く考えていきます。
そのために課題に答えた後どのようにして考えたのかを問う「ふりかえってみよう」があります。
活用
答えを出す手がかりを確認しながら課題に答えることで読解を深めます。
そのために、課題の前に「手がかりを探してみよう」という問いかけがあります。
説明
自分の考えた道すじや自分が出した答えの根拠を、自分のことばで説明します。
そのために、読解に必要なことがらを確認する「説明してみよう」があります。

社会

理解
その回で登場した知識や思考技法を、その場で使ったり、新しいことがらとつなげてみたりすることで、身に着けていきます。知識の獲得方法にも注目しています。
活用
その回で登場した知識や思考技法を、その場で使ったり、新しいことがらとつなげてみたりすることで身に着けます。「関連付け」を重要視しています。
説明
その回で登場した知識や思考技法を、意見を出し合ったり、他の人に説明したりすることで身につけていきます。日本だけでなく世界という視点を大切にしています。

理科

理解
文章や図、グラフや表などで示された情報から分かることを通じて、知識や思考技法を身に着けるための課題です。
活用
様々なことがらについて、きまりや仕組みを利用して道すじを立てて考えることを通じて、知識や思考技法を身に着けるための課題が出題されています。
説明
様々なことがらについて、文章や図を書いて表現することを通じて、知識や思考技法を身に着けるための課題が出題されています。

このように、上位クラスに上がると、ただ「理解する」ということから自分の力で「説明する」ことを大切にするようになります。

そして、この「説明する」力が、難度の高い問題をこなす時に役に立つ時もあります。

日能研に強いプロ家庭教師をご紹介します
まずは資料をご請求ください

現在お子さんの成績はいかがでしょうか?
もし、お子さんが期待する結果を出せていない場合には、「日能研に強い家庭教師」に頼ることもぜひ検討ください。
私たち一橋セイシン会には、日能研の現役講師・元講師、日能研生の指導経験が豊富なプロ講師が数多く在籍しています。日能研のカリキュラム、教材、テスト対策、クラスアップ対策に詳しい講師です。

日能研に強いプロ家庭教師にご興味ある方は、まずは私たち一橋セイシン会の詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの方、学習相談をご希望される方は、下記のフリーダイヤルより直接お問い合わせ頂ければと思います(お電話でのご相談は無料です)。

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

「10倍分かる過去問」
  • 優先予約
  • 合格体験記
  • 保護者の方へ
塾別対策 専門サイト
SAPIX対策 日能研対策 早稲アカ対策 四谷大塚対策 栄光対策 市進対策 啓明舎対策 希対策 啓進塾対策 臨海セミナー対策
メディア掲載情報
AERAKids
AERAKids
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2010年3月25日付
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2009年4月3日付
プレジデントファミリー
頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
朝日小学生新聞
朝日小学生新聞
  • ST過去問バナー
  • ST繁田さんバナー
  • 家庭教師・プロ家庭教師募集

※指導による成果には個人差があります。このページの上部へ