日能研に強いプロ家庭教師を紹介します。 HOME 会社概要(アクセス)

日能研 国語対策

日能研に通っても国語の勉強で悩んでいる方へ

日能研に通っているお子さんから、
「国語はどのように復習していいのかわからない」
「読解はどうしても苦手なので、漢字や語句の勉強に逃げている」
「記述が書けない」

といったお悩みの声をよくお聞きします。

他の教科、例えば、算数のつるかめ算であれば、そのやり方を覚え、問題演習をこなしていくことで、最終的にお子さん1人でつるかめ算が解けるようになるでしょう。

しかし、国語の場合、知識問題を除く大部分でこうした反復学習が通用しません。

テキストで同じ問題を解いていてはいずれ解答を暗記してしまいますし、何より、学習力育成テスト(旧カリテ)や公開模試で全く同じ題材が使われる可能性は低いので、こうした勉強は効果を期待できないといえます。

では、どのようにして国語の勉強をしていったらよいのでしょうか。このページでは日能研に通うお子さんの国語の勉強方法について紹介していきますので、ぜひご覧ください。

「読書」で国語の点数は上がらない

国語が苦手なお子さんに、少しでも何かの足しになるのではと、日能研での授業テキスト『本科教室』『栄冠への道』の題材を読ませることのほかに、「読書」をさせる方がいます。

当然、すぐに目に見える成果は出ず、もどかしさを感じるでしょう。決して、読書は即効性のある勉強方法ではありません。

そもそも、読書の意義とはなんでしょうか。読書によって身につく能力は、①大量の言葉に触れることによる語彙力、②文脈からわからない言葉を補う推測力、③文字を追うことに慣れ文章をスムーズに読み進める能力、の3つです。

確かに、国語が得意なお子さんは自然とこのような力を身に付けている方が多いですが、これらの能力が身につく=国語の点数がアップする、というのは少し飛躍しています。「読むことに慣れる=読解力がつく」とは言い切れないからです。国語で点数をとるには、内容を理解したうえで、文章中から答えとなる根拠を見つけなければいけません。

客観的な視点と、状況や心情を説明する能力が求められています。一方、読書では、内容を理解したか確かめる設問もなく、答えを探すトレーニングを積むこともできません。あくまで主観的に読み、主観的に感じるだけで完結していってしまいます。よって、読書はお子さんの国語の成績を上げる特効薬にはならないのです。

日能研で国語の力を伸ばすテクニック

日能研で国語の成績を上げるためには、読解力・記述力の求められるテストに対応できる勉強法を確立することです。読解力・記述力とは、①内容を理解できるか、②答えを見つけられるか、③自分の言葉で書けるか、の3点に集約されます。

① 日能研の国語教材の内容を理解させる

「理解できる」とは、つまり文章を考えながら読めているか、ということです。目に映る文字を追うだけでなく、1つ1つの言葉の意味を受け止め、段落ごとに整理できているかを保護者の方が一緒に確認してあげるようにしましょう。お子さんが『本科教室』や『栄冠への道』に出てくるテキスト教材を読んだ後、「今日はどんな話だった?」「この段落では、どんなことが書いてあったの?」と問いかけ、お子さんに説明させてみましょう。こうした理解をうながす学習は、塾の授業ではしてくれません。親が理解度をチェックし、よくわからなかった部分を1つ1つ説明してあげる作業が必要になってきます。このとき、授業で1度読んできた教材を家庭で復習として使うと効率が良いです。ちなみに『栄冠への道』の文章には注釈が少ないため、言葉の意味の確認がより重要になります。意味をすべて教えるのではなく、推測させる発問を心掛けてください。

② 日能研教材でパターンをつかみ答えをみつける

指示語の抜き出しや、言い換え表現の記述などは、解き方のアプローチが決まっています。解き方や考え方、アプローチのしかたはすべて日能研で教えてくれますが、トレーニング量は少ないため各自で行い、さらに強化していく必要があるでしょう。例えば、テキストの本文中に線を引くという行為がありますが、どういう目的で引くのかは、指導者によって違います。塾の先生が授業で教えてくれたアプローチを正確に実践できているのか、家でも確認することが大事です。ただ問題を解いて○か×かを見るのでは、意味がありません。○でも、誤った解釈に基づく正答ではないかをしっかりと知る必要があるからです。

③ 日能研教材を活用し自分の言葉で書く練習を

記述ができるようになるには、アウトプットする経験が一番です。口頭でいくら説明することができても、書かせてみると不十分な解答になってしまうお子さんは大勢います。とにかく書かせる経験をさせましょう。すると、お子さんが書くことについてどのようなタイプなのかが良く分かります。自分の言葉で書きたがる子や、模範解答が与えられるまで白紙の子など、タイプによって正答へ導く方法を変えることが必要です。
例えば、自分なりに書きたがって正答とずれてしまう場合、授業で扱った『本科教室』『栄冠への道』のテキストで誤った記述問題を再度用いて学習するのが良いでしょう。模範解答と自分の解答を見比べ、2つの文の相違点はどこかを説明させます。そして、模範解答を見せながら、「模範解答と同じ意味になる、ちょっと違った言葉遣いの文章」を書かせ、オリジナリティを認めながらも正解の範囲に収めることが大切だと伝えていきます。「自分の言葉で書きなさい」のような自由度の高い記述問題の場合、答えは1つではありません。多少使う言葉が異なっても、語尾や順序が左右しても、文の意味する本質のところが相違なければ正解とみなされます。
ただし、この学習法は、親にも相当の国語力が求められます。子どもの書いた文が果たして正解の範囲に収まるのかどうか、判断しなければならないためです。日能研の国語の教材は質も良いですが、レベルも高いので判断がむずかしいものもあります。例えば、「このことから何がわかりますか。」の解答として「AではなくBが必要だということ。」を「AとB、どちらが必要かということ。」と書いたら誤りになりますが、なぜなのかを説明することができないと、お子さんの真の理解にはつながりません。自信が無い場合、第三者へ相談するのが望ましいです。

日能研の国語の強いプロ家庭教師をご紹介します

日能研の国語の成績を上げて、志望校に合格するには、こうした日能研の国語のカリキュラムや教材、テストについて詳しいことが必要です。

私たち一橋セイシン会では、日能研出身のプロ家庭教師、日能研生を数多く指導してきたプロ家庭教師が在籍しています。国語でお困りの方は、私たち一橋セイシン会にお声掛け頂くこともぜひご検討ください。

ご興味お持ち頂いた方は、まずは資料をご請求頂ければと思います。お急ぎの方は、まずは下記のフリーダイヤルよりお電話頂ければと思います。

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

「10倍分かる過去問」
  • 優先予約
  • 合格体験記
  • 保護者の方へ
塾別対策 専門サイト
SAPIX対策 日能研対策 早稲アカ対策 四谷大塚対策 栄光対策 市進対策 啓明舎対策 希対策 啓進塾対策 臨海セミナー対策
メディア掲載情報
AERAKids
AERAKids
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2010年3月25日付
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2009年4月3日付
プレジデントファミリー
頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
朝日小学生新聞
朝日小学生新聞
  • ST過去問バナー
  • ST繁田さんバナー
  • 家庭教師・プロ家庭教師募集

※指導による成果には個人差があります。このページの上部へ