麻布中プロ家庭教師の入試問題対策サイト HOME 会社概要(アクセス) 個人情報保護方針 サイトマップ

麻布中学校
-算数の入試傾向と合格対策-

このページでは、麻布中の算数の入試傾向と対策ポイントについて解説しています。 麻布中の算数で合格点を取るために必要なことを具体的に解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。
麻布中学校 算数 入試データ
配点 60点
試験時間 60分
大問数 5~6問
頻出分野 整数、規則性、速さと比、平面図形、立体図形 など
麻布中学校 算数入試問題

麻布中学校 算数の入試問題の傾向

発想力が求められる、パズル的な要素の問題

御三家・麻布の算数は、「難問奇問だらけ」「意表を突く問題が多い」など、発想力重視の特殊な問題が出題される、というイメージが一般的にはあると思います。たしかに、問題用紙をながめると、中学入試問題ではあまり見かけない「パズル的な問題」が目に飛び込んできます。これは、他の中学にはない特徴です。

実際には、「ひらめき」よりも「理詰め」の思考力が求められる

ただし実際には、麻布の算数の難問は、本当にパズルを解くような閃きが求められるわけではありません。思考力は要求されますが、与えられた条件を整理しながら、算数の知識や基本的な解法を使いこなして、「理詰め」で解いていく思考力が求められます。

麻布の算数は、2種類に分かれる

麻布の算数の問題は、パズルのような印象の派手な問題(難度の高い問題)ばかりではありません。麻布の算数の問題は、大きく2種類に分かれます。①その場で条件を読み解き、理詰めで解く思考力を要求される問題②解法パターンを覚えていれば解ける、中学入試の算数の典型題、この2種類です。

たとえば、29年の算数であれば、大問1は計算パターンを知っていれば確実に点数の取れる計算問題です。大問2の時計の問題は、長針と短針が一定の速さで同時に動くことを考慮すれば解くことができる問題です。

麻布の算数といえども、「鍛えようのない発想力やひらめき」を求められるような難問奇問が出題されるわけではないので、一般的なイメージに惑わされないようにしましょう。

意外に「地味な作業力」も要求される

難問奇問、パズルのような問題、発想力が重視される・・・というイメージの麻布の算数ですが、そうした「麻布らしい」問題も出題される一方、地道に手を動かして書きだしていく「調べ上げ」の問題も出題されます。30年の大問4の「正しい式をつくる問題」などが典型例です。こうした作業力を問われる地味な「調べ上げ」の問題も「麻布らしい」といえる問題です。

ほとんど白紙に近い、記述スペースの大きな解答用紙

また、麻布の算数は、途中式や考え方もすべて書かせる記述式の解答用紙です。過去問をご覧頂ければ分かりますが、図形の書き込み問題がない年などは、ほとんど解答スペースの空欄で、白紙に近いような解答用紙です。麻布を受験する以上、記述対策は避けてとおれません。

麻布中学校 算数で合格点を取る対策ポイント

こうした入試傾向を踏まえて、麻布中の算数で合格点を取るための勉強方法と志望校対策のポイントをお伝えしていきます。

60点満点中、35点以上取ることを目指す

麻布の算数ですが、合格するためには5割以上、できれば6割近い得点が欲しいところです。具体的には、60点満点なので35点以上は取れることを目指しましょう。合格点を超えるためには、どの問題で何点取るのかという「取捨選択」が非常に重要になります。

先ほどもお伝えしたように、麻布の算数の入試問題は、「①思考力を要求される問題」「②典型的な解法で解ける問題」の2種類があります。まずは②の「典型題」を優先して取るようにしましょう。解法パターンが頭に入っていれば点数を取れる問題です。年により比率は変わりますが、典型題を固めるだけでも、うまくいけば5割は超えられます。

逆に、思考力型の難問にいきなり手をつけて、結局解けないで時間だけ過ぎてしまうと、取れるはずの典型題も落としてしまい致命的になります。

合否を分けるのは「典型題」以外の問題

ただし、典型題は、麻布受験生であれば「落とせない問題」といえます。合否を分けるのは、思考力を要求される①のタイプの問題(一般的に「麻布らしい」というイメージの問題)です。典型題で5割(30点)を固めて、残り1~2割をどう取るかがポイントです。

基本をどれだけ使いこなせるか、理詰めの思考力が必要

思考力を要求される①のタイプの問題については、どれも難度は相当高めです。

見た目はパズル的な問題も多いですが、先ほどもお伝えした通り、実際に求められるのは「理詰め」で問題を解いていく思考力です。決して、突拍子もないひらめきではありません。図形なら図形分野の基本的な解法や算数の知識、補助線の引き方など、基本をどれだけ使いこなせるかがポイントになります。

部分点だけでも、どれだけ稼げるか

また、典型題以外の思考力型の難問は、難度が高くて手に負えない場合もあります。というよりも、スムーズに解ける受験生の方が稀と言えます。ですが、麻布の場合は、完答できなくても、途中式や考え方だけでも部分点がもらえます。ですから、途中までだろうと、力技でも何でも、心折れずに粘りを見せれば合格に近づくことができます。

速さの問題は「ダイヤグラム」がポイント

また、麻布の算数の入試問題は、分野ごとの「問題を解く糸口」に、いくつか決まったパターンがあります。例えば、出題頻度の高い「速さと比」の問題では、「ダイヤグラム」を使いこなせることが問題を解く(できるだけ時間をかけずに解く)ポイントになります。線分図で解いても構わないのですが、ダイヤグラムを使いこなせれば素早く解けることも多々あります。

作業力を求められる「調べ上げ」の問題

麻布のもうひとつの特徴的な問題として、地道な作業力を要する「調べ上げ」の問題があります。「整数の場合分け」「規則性」などの問題ですが、とにかく書き出していけば部分点だけでももらえる問題です。

正解に早くたどりつける「推測力」を試される問題も例外的にありますが、ほとんどは「地道な作業力」を問われる問題です。下手に「効率良く」解こうとするよりも、地道に書き出す方が正解であるケースが多いことを頭に入れておきましょう。

ただし、「整数の場合分け」「規則性」などの問題は、点数を取りやすい非常に易しい問題のときと、難度が非常に高く「捨て問」にした方がいい場合が年によって分かれるので、その見極めはとても重要になります。

図形問題は、「見慣れた図形を見つけ出す」ことがポイント

図形問題も非常に高難度の問題が並びますが、「解く糸口」は存在します。 麻布の算数の図形問題で重要になるのは、「基礎」をいかに使いこなせるかです。具体的に言うと、正多角形の性質(対角線や対角線によってできる図形の性質、合同、相似の図形)がどれだけ頭に浮かぶか、それを目の前の図形に当てはめて「糸口」を見つけられるかどうかです。

複雑に見える図形のなかに、「相似の三角形」、「三角形の等積変形」、「底辺比=面積比になるパターン」など、見慣れた図形や変形パターンを発見できるかどうかが重要になります。「ひらめき」ではなく、「引き出し(基本知識)」を本番までにどれだけ増やしておいて、どれが当てはまるかを理詰めで思考できることがポイントになります。

各大問の (1)に(2)を解く糸口がある

麻布中の算数で、大問に(1)、(2)とある場合があります。その場合、(1)はわりと簡単に解ける問題です。ですが、(2)は急激に難しくなっている「ように見える」場合が多いです。複雑・難解な印象になり、見た目だけで「解けない」と白旗をあげてしまう受験生も多いかもしれません。

ですが、こうした場合、実は(1)に、(2)を解くために糸口、ヒントが隠れていることが多くなっています。時間配分は考慮が必要ですが、麻布の場合、「問題の見た目」だけで引いてしまうのではなく、糸口が見えなくても挑戦する、という姿勢、思考が求められていると言えるでしょう。
麻布中学校の算数で合格点を取るには、こうした入試問題の傾向を踏まえた上で、志望校対策を講じていくことが必要です。
中学受験専門プロ家庭教師が
「麻布中学校」受験対策で出来ること
  • 麻布中学校に偏差値が届いていないお子さんを合格させます。
  • つまずいている教科の弱点をプロの目で見つけ出し、早期に苦手を解消します。
  • 塾の授業では質問できなかった問題や疑問を、1対1で完璧に解決します。
  • 塾のクラスを上げる勉強から、麻布中学校の受験で合格点を取るための勉強に切り替えます。
  • 麻布中学校の出題傾向に沿った「最短ルートで合格できる勉強法」を教えます。

※他にも、お子さんの状況に合わせて必要な対策を柔軟に行うことが出来ます。

麻布中に合格したい方は、まずは無料の
「知らないと損する中学受験資料」をご請求ください!

私たちの会には、麻布中に合格実績を出している中学受験のトッププロ家庭教師が在籍しています。 そして、麻布中に合格させるためのノウハウを蓄積しています。

家庭教師に少しでもご興味をお持ちいただいた方は、お子さんの中学受験に合格するために役立つ情報をぎゅっと詰めこんだ、 「知らないと損する中学受験資料」をご請求ください。

この資料には、

   ● 中学受験・合格ノウハウ冊子
   ● 進学塾別・クラスアップ対策法
   ● お母さま・お父さまの悩みを90%解消する方法
   ● "実際の合格者が語る"受験攻略法
   ● 「家庭教師だけで」合格する方法
   ● 最新合格体験記
   ● 会の詳しいシステム・料金

など、お子さんの中学受験に役立つ情報をギュッと詰め込んでいます。
たとえ、家庭教師を依頼されることはなくても、お子さんが中学受験する上で必ず役に立つはずです。

また、すぐに学習相談をしたい方、麻布中に合格実績を出しているトッププロ家庭教師の指導をご希望の方は、下記のフリーダイヤルよりお電話いただければと思います。 (麻布中の合格対策に詳しい教務スタッフが対応させて頂きます)。

  • 合格体験記
  • お問い合わせはこちら
  • 塾のクラスを上げます!サイドバナー
塾別対策 専門サイト
SAPIX対策 日能研対策 早稲アカ対策 四谷大塚対策 栄光対策 市進対策
メディア掲載情報
AERAKids
AERAKids
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2010年3月25日付
頭のいい子の育て方
頭のいい子の育て方 2009年4月3日付
プレジデントファミリー
頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
朝日小学生新聞
朝日小学生新聞
  • ST過去問バナー
  • ST繁田さんバナー
  • 家庭教師・プロ家庭教師募集
資料請求
電話で問い合わせる
麻布中の10倍分かる過去問

※指導による成果には個人差があります。このページの上部へ