横浜共立学園中の出題傾向とプロ家庭教師の入試問題対策

横浜共立学園中に強いプロ家庭教師です。

偏差値が届いていなくても
横浜共立学園中に
合格させます!

一橋セイシン会の横浜共立学園中・入試問題対策サイトにお越し頂きありがとうございます。
当会のプロ家庭教師には、偏差値が届いていなくても横浜共立学園中に合格させるノウハウ(志望校対策)があります。
当会は、合格実績はもちろん、進学塾の対策についても首都圏トップクラスの指導実績があります。横浜共立学園中に合格したい方、受かるためのポイントを知りたい方は、ぜひこのサイトで入試問題の対策ポイントを掴んでください。

横浜共立学園中 入試問題
攻略のポイント

算数

横浜共立学園の算数では、基礎から応用まで幅広く出題されます。前半の基本問題は素早く正確に解答し、後半の応用問題に時間を残すことが必須です。計算の正確性とスピードを養い、ケアレスミスを防ぐために途中式を書く習慣をつけましょう。大問2以降では「数の性質」「場合の数」「食塩水の濃度」「速さと比」などが頻出です。最後の「図形問題」では「図形の移動」「展開図」「点の移動と面積」などがよく出題されます。

横浜共立学園中 算数 入試データ
配点 100点
試験時間 45分
大問数 5題
頻出分野 計算、和と差、割合と比、速さ、図形、規則性、調べ・推理・条件の整理など
横浜共立学園中
算数の傾向と対策を見る
横浜共立学園中 算数
傾向と対策を見る

国語

横浜共立学園の国語では、大問1で漢字の読み書きが毎年出題され、ことばの知識も幅広く問われます。読解問題は文章全体の流れを把握し、選択肢が多い記号選択問題や「あてはまらないもの」を選ぶ問題が頻出です。記述問題は50~70字程度が多く、本文全体を踏まえて要点を簡潔にまとめる力が求められます。過去問を使い、読解と記述の練習を重ねることが重要です。

横浜共立学園中 国語 入試データ
配点 100点
試験時間 【A方式】45分【B方式】50分
大問数 3題
頻出分野 漢字の読み書き、論説・説明文、小説・物語文など
横浜共立学園中
国語の傾向と対策を見る
横浜共立学園中 国語
傾向と対策を見る

理科

横浜共立学園の理科では、基礎的な正誤問題が頻出です。ケアレスミスを避け、基礎をしっかり固めることが重要です。また、独自の問題が出題されることがあり、知識の丸暗記では対応が難しいです。環境問題や自然現象に興味を持ち、知識を応用して解く力を養いましょう。問題をよく読み、筋道を立てて考える力も必要です。応用問題や過去問を解き、基礎知識を使いこなす練習を重ねることがポイントです。

横浜共立学園中 理科 入試データ
配点 100点
試験時間 40分
大問数 例年4題
頻出分野 生命、物質、エネルギー、地球など
横浜共立学園中
理科の傾向と対策を見る
横浜共立学園中 理科
傾向と対策を見る

社会

横浜共立学園の社会では、3分野にまたがる「総合問題」と各分野の基本的事項を問う問題が多く出題されます。適語を記入させる設問が多く、正確性が重視されます。基本的な知識を確実に固めておくことが重要です。また、文章記述問題が増加傾向にありますが、基本知識があれば解ける内容です。要点を簡潔にまとめて答える練習を、過去問を使って積んでおきましょう。

横浜共立学園中 社会 入試データ
配点 100点
試験時間 40分
大問数 4題
頻出分野 地理総合、歴史総合、政治総合、複数分野総合 など
横浜共立学園中
社会の傾向と対策を見る
横浜共立学園中 社会
傾向と対策を見る
新型コロナウィルス感染症への
対応について

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を勧めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

合格体験記

※指導による成果には個人差があります。

※本サイトに登場する生徒様の名前は本人の希望により、一部仮名で掲載されております。

このページの上部へ