渋谷教育学園幕張中プロ家庭教師の入試問題対策サイト

渋谷幕張中学校
-社会の入試傾向と合格対策-

このページでは、渋谷幕張中学校の社会の入試傾向と対策ポイントについて解説しています。
どうすれば渋谷幕張中学校の社会を解けるようになるのか、合格点を取れる志望校対策のポイントを具体的に解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

渋谷幕張中学校 社会 入試データ
配点 75点
試験時間 45分
大問数 3題
頻出分野 3分野からまんべんなく出題、時事問題や記述問題が出る
渋谷幕張中学校 社会入試問題

渋谷幕張中学校 社会の入試問題の傾向

出題範囲はほぼ均等

渋幕の解答形式は、組み合わせの正誤を問うパターンの記号選択と記述問題が中心です。約8~11題もの記述問題が出題されることもあり、字数制限のある問題や自由記述の問題など出題方法はさまざまあります。出題分野については、例年、「地理」「歴史」「政治」の3分野からバランス良く出題されていますが、やや歴史が多い傾向です。ただ、2020年には「輸送」を中心に日本の人口移動の歴史や都道府県の面積変動の理由についての記述問題が出されるなど、3分野を絡めた問題が多いのが、「渋幕の社会」と言えます。

多様な記述問題がほとんど

渋幕の記述問題では、1行程度のものから、60字の制限の長めな記述問題などバラエティが豊富です。内容としては、絵画を見て女性の身なりが整っている理由を問われたり、輸送費の地域差についてを字数制限なしで記述したりと、多様な出題が見られます。また、地図やグラフを完成させる問題などが出題されたこともありました。

時事問題にも注目

普及し始めたLED信号機を降雪地帯に設置することで起こる問題点や、学校のプールを主題として民間業者の収益や地方税に関する出題があるなど、時事的テーマから幅広い解答をする力が必要です。過去にも「路線バスに見る社会学」「炭鉱画に見る社会情勢」「東京スカイツリーが立てられた理由」「出版不況の原因」などが取り上げられています。

時間配分について

渋幕の社会は、試験時間45分に対し、大問3題、総設問数30程度という出題構成です。記述問題が多く出題されることや問題のレベルを考えると、決して余裕のある試験とは言えません。記号選択を短時間で済ませ、記述問題のために時間を作るなど工夫が必要です。

渋谷幕張中学校 社会で合格点を取る対策ポイント

こうした入試傾向を踏まえて、渋谷幕張の社会で合格点を取るための勉強方法と志望校対策のポイントをお伝えしていきます。

「渋幕独自の選択問題」に注意

社会の記号選択問題というと、難度が低いように思われがちですが、渋幕の社会では、選択問題への対策も重要になります。 2013年以降、「2文ある説明文の正誤を4択の中から選ぶ」という形式が定着しており、当てずっぽうでは答えられない、正確な知識が求められる問題なので、心して対策をしておきましょう。

知識が必要な「記述問題」が合否を分ける

渋幕の社会で合否を分けるのは、やはり、大きな比重を占める「記述問題」です。渋幕の記述問題は、字数制限がなく、解答欄に自由に回答する問題が多くなっています。字数制限がない記述問題では、まずは、解答欄の大きさから分量を予測し、入れるべきポイントを選ぶことが必要になります。その上で、短時間でポイントをまとめ、分量を調節する練習を積んでおくことが大切です。

また、他校の入試ではあまり見られない記述をさせられることも特徴的です。たとえば、2017年の大問3では、全国地方公共団体コードをテーマにした地図から、電話番号や郵便番号について問う変わった記述問題が出題されました。そのため、見たことのないようなテーマでも慌てず、冷静に図表などを読み解く力が必要です。 ほかにも、産業や地勢などの特徴を地域別に問う形式が多く出題されているため、地理的知識を深めておくとよいでしょう。また、図や写真について問うものなど細かい知識を必要とする設問もあるため、普段から教科書だけでなく地図帳や資料なども読み込んでおきましょう。

ニュースなどに関心を持ち「時事問題」への対策をする

時事的な出来事が取り上げられることが多いのも、渋幕の特徴です。しかも、渋幕のように、記述問題の題材として時事が出される場合は、その出来事に関する知識が曖昧では、解答することができません。政治や国際関係、日本経済などが主に出題されているため、渋幕を志望する場合は、他の学校を志望する場合以上に、時事問題に関心を持ち、情報を集めておく必要があります。

渋谷幕張中学校の社会で合格点を取るには、こうした入試問題の傾向を踏まえた上で、志望校対策を講じていくことが必要です。


中学受験専門のプロ家庭教師の一橋セイシン会は渋谷教育学園幕張中受験の合格実績があります。

中学受験専門プロ家庭教師が
「渋谷教育学園幕張中」受験対策で出来ること
  • 渋谷教育学園幕張中学校に偏差値が届いていないお子さんを合格させます。
  • つまずいている教科の弱点をプロの目で見つけ出し、早期に苦手を解消します。
  • 塾の授業では質問できなかった問題や疑問を、1対1で完璧に解決します。
  • 塾のクラスを上げる勉強から、渋谷教育学園幕張中学校の受験で合格点を取るための勉強に切り替えます。
  • 渋谷教育学園幕張中学校の出題傾向に沿った「最短ルートで合格できる勉強法」を指導します。

※他にも、お子さんの状況に合わせて中学受験に必要な対策を柔軟に行うことが出来ます。

渋谷教育学園幕張中に強い
プロ家庭教師をご紹介します。

現在お子さんの成績はいかがでしょうか?
もし、お子さんが期待する結果を出せていない場合には、「渋谷教育学園幕張中に強い家庭教師」に頼ることもぜひ検討ください

私たちの会には、渋谷教育学園幕張中に合格実績を出している中学受験のトッププロ家庭教師が在籍しています。そして、渋谷教育学園幕張中に合格させるためのノウハウを蓄積しています。

まずは無料の「知らないと損する中学受験資料」を
ご請求ください

もし現在、期待する結果が出ていなくても、それはお子さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういったお子さんは、受験勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばし、志望校に合格できる可能性は非常に高まります。一橋セイシン会は、中学受験を知り尽くした最高レベルのトッププロ講師陣と、業界で最も手厚いサポート体制で、志望中学への逆転合格を全力でサポートします。

  • 受験勉強のやり方が分かっていない
  • 塾に通っているのに結果が出ていない、クラスが上がらない
  • 志望校に偏差値が足りていない、苦手科目の伸ばし方が分からない
  • 勉強している割に結果が出ていない
  • 志望校対策のやり方が分からない

そんな悩みを抱えている方は、まずはお子さんの中学受験に合格するために役立つ情報をぎゅっと詰めこんだ、 「知らないと損する中学受験資料」をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません。)

最後までお読みいただきありがとうございました。 合格を目指してぜひ一緒にがんばりましょう!

志望校合格のために全力を尽くします!
中学受験の逆転合格なら
中学受験専門一橋セイシン会にお任せください!!
  • お問い合わせはこちら
塾別対策 専門サイト
SAPIX対策 日能研対策 早稲アカ対策 四谷大塚対策 栄光対策 市進対策
マスコミ・メディア掲載

■インターエデュ

AERA with Kids 夏号

当会、教務担当の山本祐講師のインタビュー記事がインターエデュで掲載されました

■ニュース・新聞

CX(フジテレビ系列)のニュースと新聞で取り上げられました

CX(フジテレビ系列)のニュースと新聞で取り上げられました

■プレジデントファミリー

プレジデントファミリークラブ

家庭教師の一橋セイシン会は、プレジデントファミリー公式サイトに協賛しています

■朝日小学生新聞

朝日小学生新聞にも掲載されています

朝日小学生新聞にも掲載されています

  • 家庭教師・プロ家庭教師募集

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

2020年 合格体験記 この夏に偏差値をあげます!

※指導による成果には個人差があります。このページの上部へ