成蹊中プロ家庭教師の入試問題対策サイト HOME 会社概要(アクセス) 個人情報保護方針 サイトマップ

成蹊中学校
-理科の入試傾向と合格対策-

このページでは、成蹊中学校の理科の入試傾向と対策ポイントについて解説しています。
どうすれば成蹊中学校の理科を解けるようになるのか、合格点を取れる志望校対策のポイントを具体的に解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

成蹊中学校 理科 入試データ
配点 50点
試験時間 30分
大問数 4題
頻出分野 植物、動物、気体や水溶液、金属の性質、力のつり合い(てこ、振り子、りん軸など)、月・太陽・星の動き、天気と気温・湿度の変化 など
成蹊中学校 理科入試問題

成蹊中学校 理科の入試問題の傾向

大問4題、問題数は増加傾向

成蹊の理科は、大問4題、小問数25問前後という構成が定番です。ただ、問題数・ボリュームは、若干ですが増加傾向にあります。各分野から1題ずつ出題されています。

特徴は、練り込まれた生物分野の問題

成蹊中学校の理科の特色は、かなり練り込んで作られた生物分野の問題です。グラフの読み取りや一般常識など様々なタイプの問題が出題されるので、総合問題とも捉えられます。
取り扱う題材は、よくある実験問題や基礎知識に関するものでも、図や表がないので自分で書きださないといけなかったり、選択問題の選択肢の紛らわしいものがあったりと、注意が必要なもの、手間がかかるものが見受けられます。

用語や数値の記入が大半、1行程度の記述問題も

解答形式は、用語や数値の記入が大半です。1行程度の記述問題も出ます。「なぜそうなるのか」など理由を書かせる問題が中心です。記述問題のウエートは高まっており、図を用いて答える問題も登場するようになっているので、ここも注意が必要です。

成蹊中学校 理科で合格点を取る対策ポイント

こうした入試傾向を踏まえて、成蹊中学校の理科で合格点を取るための勉強方法と志望校対策のポイントをお伝えしていきます。

生物分野に時間をかけすぎないこと

成蹊中学校の理科は、生物分野の難度が高めなのが特徴です。手の込んだ印象の問題も多いですが、注意が必要なのは、ここで時間をかけすぎて、後半の基礎問題を取りこぼしてしまうことです。時間配分が上手くできることが合格点を取る条件のひとつとなります。

頻出単元から優先的に対策を

各分野から幅広く出題されていますが、頻度の高い単元、テーマはある程度傾向があります。生物分野は、メダカの飼育と成長、雑木林の植物、ムササビの生活、昆虫、人体など。化学分野は、気体や水溶液、金属の性質などがグラフと計算を絡めて出題されます。物理分野は、計算問題として頻出となっている力のつり合い(てこ、振り子、りん軸など)が重要単元です。地学は、月・太陽・星の動き、地層、天気と気温・湿度の変化などが重要です。

増加傾向の記述対策も

ここのところ増加傾向にある記述問題の対策も欠かせません。1行程度で理由を答えさせる問題が中心なので、このくらいのボリュームで要点をまとめる練習を積んでいきましょう。
多少記述問題の割合は減少したものの、ほぼ毎年記述問題は出題されているので油断は禁物です。また、2018年には回路を作図する問題が出題されました。基本レベルの問題でしたが、作図問題が出題されても動揺しないように対策しておきましょう。

成蹊中学校の理科で合格点を取るには、こうした入試問題の傾向を踏まえた上で、志望校対策を講じていくことが必要です。

中学受験専門プロ家庭教師が
「成蹊中」受験対策で出来ること
  • 成蹊中に偏差値が届いていないお子さんを合格させます。
  • つまずいている教科の弱点をプロの目で見つけ出し、早期に苦手を解消します。
  • 塾の授業では質問できなかった問題や疑問を、1対1で完璧に解決します。
  • 塾のクラスを上げる勉強から、成蹊中学校の受験で合格点を取るための勉強に切り替えます。
  • 成蹊中学校の出題傾向に沿った「最短ルートで合格できる勉強法」を教えます。

※他にも、お子さんの状況に合わせて必要な対策を柔軟に行うことが出来ます。

成蹊中に合格したい方は、まずは無料の
「知らないと損する中学受験資料」をご請求ください!

私たちの会には、成蹊中に合格実績を出している中学受験のトッププロ家庭教師が在籍しています。 そして、成蹊中に合格させるためのノウハウを蓄積しています。

家庭教師に少しでもご興味をお持ちいただいた方は、お子さんの中学受験に合格するために役立つ情報をぎゅっと詰めこんだ、 「知らないと損する中学受験資料」をご請求ください。

  • 合格体験記
  • お問い合わせはこちら
  • 塾のクラスを上げます!サイドバナー
塾別対策 専門サイト
SAPIX対策 日能研対策 早稲アカ対策 四谷大塚対策 栄光対策 市進対策
マスコミ・メディア掲載

■インターエデュ

AERA with Kids 夏号

当会、教務担当の山本祐講師のインタビュー記事がインターエデュで掲載されました

■ニュース・新聞

CX(フジテレビ系列)のニュースと新聞で取り上げられました

当会で運営する「スタディ・タウン」の「10倍分かる過去問・映像授業」等がCX(フジテレビ系列)のニュースと新聞で取り上げられました

■プレジデントファミリー

プレジデントファミリークラブ

家庭教師の一橋セイシン会は、プレジデントファミリー公式サイトに協賛しています

■朝日小学生新聞

朝日小学生新聞にも掲載されています

朝日小学生新聞にも掲載されています

  • ST過去問バナー
  • ST繁田さんバナー
  • 家庭教師・プロ家庭教師募集

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

成蹊中の10倍分かる過去問

※指導による成果には個人差があります。このページの上部へ