桐朋中プロ家庭教師の入試問題対策サイト HOME 会社概要(アクセス) 個人情報保護方針 サイトマップ

桐朋中学校
-社会の入試傾向と合格対策-

このページでは、桐朋中学校の社会の入試傾向と対策ポイントについて解説しています。
どうすれば桐朋中学校の社会を解けるようになるのか、合格点を取れる志望校対策のポイントを具体的に解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

桐朋中学校 社会 入試データ
配点 60点
試験時間 30分
大問数 3題
頻出分野 3分野から各1題の出題構成、歴史・政治経済・地理の順で出題される
桐朋中学校 社会入試問題

桐朋中学校 社会の入試問題の傾向

基本的なレベルの問題がほとんど

桐朋中学校の社会は、例年、試験時間30分、大問3題という出題構成です。桐朋の担当の先生も話していますが、出題されるのは基本的なレベルの問題が中心です。

同じ男子上位校でも、中学受験生にあまり馴染みのない題材が出される武蔵中学校や、中学入試の範囲よりも深い内容が問われる慶應普通部などとは、大きく傾向が異なります。

大問1が歴史、大問2が地理、大問3が政治経済

出題分野を見ると、3分野の内容がバランスよく出題されています。ここ数年は、大問1が歴史、大問2が政治経済、大問3が地理分野からという構成が続いています。

各分野とも、様々な単元の問題が問われる総合問題形式が多くなっていますが、歴史については、「文化史」「工業史」など、特定のテーマに絞った出題がよく見られます。

また、地理分野については、過去問を見れば分かるとおり、地図やグラフなどの資料を使った問題が目立ちます。

4~5行の文章記述問題も2問ほど出される

設問形式については、記号選択、語句記入、文章記述など、様々な設問が出されています。文章記述問題は、例年、次数指定のない4~5行程度のものが2問ほど出されるのが桐朋のパターンです。

文章記述のなかには、2017年の大問3のように、表現力だけでなく、グラフのデータを読み取る力も必要になる、高度な内容の問題が出されることもあります。

桐朋中学校 社会で合格点を取る対策ポイント

こうした入試傾向を踏まえて、桐朋の社会で合格点を取るための勉強方法と志望校対策のポイントをお伝えしていきます。

マニアックな知識に時間をかける必要はない

桐朋の社会で合格するには、時間をかけてマニアックな知識や細かすぎる知識を覚える必要はありません。

確かに、一般的に難度が高いとされる、「並びかえ問題」や「長めの文章記述問題」も出されますが、問われる内容は、各分野の重要事項がほとんどです。基礎知識をしっかり固めておけば、難問に時間をかける必要はありません。

「地理」については、細かいデータまで押さえておく

ただ、地理分野だけは、注意が必要です。「アメリカとの間で結ばれた通商条約によって開かれた5港に含まれないもの」「林野面積の第二位」「木材生産第二位と第三位の都道府県名」「輸入木材の進出国の第二位、第三位」を問う問題のように、確かな知識をもとに選択肢を見極めなければならなかったり、1位を覚えているだけでは答えられなかったりするため、かなり細かい知識が問われることもあります。

地理では、グラフ、地図、表などを用いた「読み取り問題」が頻出なので、資料集などで多くの資料にあたっておきましょう。日本地図はよく取り上げられるので、白地図などを使って位置を確認しながら、データも1位のみではなく2位、3位までを頭に入れておくと効果的です。

記述問題は、典型題の演習を

中学受験の社会で受験生が苦手にしがちなのが、2018年の大問1の問10「下関条約を結んだにもかかわらず、日本がリアオトン半島の領有をあきらめた理由の説明」というような、文章で説明する問題です。 桐朋中学校の社会の記述は、基本的な重要事項をおさえておけば、それらをまとめて答えることができる問題がほとんどです。問題集や過去問などで、よく出される典型的な記述問題の演習を積んで対策をしておくのがポイントになります。

例年、2問の記述問題は歴史分野と政治経済分野から1題ずつの出題が続いています。歴史分野からの記述の対策をするときは、単語の暗記のみではなく流れの説明をしっかりできるように意識するとよいでしょう。考えを述べさせるような論述問題ではないため、基礎的な知識をしっかりつけていくことが重要です。

政治経済分野の記述は、「統計から特徴を読み取る、考察を述べる」というような、歴史分野よりすこし難度の高い問題です。しかし、取り上げられる問題は、教材などでもよく話題になる事柄が多くなっています。難問奇問はありませんから、使っている教材を丁寧に学習することが効果的です。

高得点を取るには、「過去問対策」が有効

桐朋の社会で高得点を取るには、何と言っても、過去問を使った演習を積んでおくことが有効です。最近、桐朋の社会は出題形式に大きな変化がなく、安定した問題構成が続いています。

問題の難易度にも大きなブレは見られないので、過去問を何度も解き、問題形式に慣れておきましょう。

桐朋中学校の社会で合格点を取るには、こうした入試問題の傾向を踏まえた上で、志望校対策を講じていくことが必要です。

中学受験専門プロ家庭教師が
「桐朋中」受験対策で出来ること
  • 桐朋中に偏差値が届いていないお子さんを合格させます。
  • つまずいている教科の弱点をプロの目で見つけ出し、早期に苦手を解消します。
  • 塾の授業では質問できなかった問題や疑問を、1対1で完璧に解決します。
  • 塾のクラスを上げる勉強から、桐朋中学校の受験で合格点を取るための勉強に切り替えます。
  • 桐朋中学校の出題傾向に沿った「最短ルートで合格できる勉強法」を教えます。

※他にも、お子さんの状況に合わせて必要な対策を柔軟に行うことが出来ます。

桐朋中に合格したい方は、まずは無料の
「知らないと損する中学受験資料」をご請求ください!

私たちの会には、桐朋中に合格実績を出している中学受験のトッププロ家庭教師が在籍しています。 そして、桐朋中に合格させるためのノウハウを蓄積しています。

家庭教師に少しでもご興味をお持ちいただいた方は、お子さんの中学受験に合格するために役立つ情報をぎゅっと詰めこんだ、 「知らないと損する中学受験資料」をご請求ください。

  • 合格体験記
  • お問い合わせはこちら
  • 塾のクラスを上げます!サイドバナー
塾別対策 専門サイト
SAPIX対策 日能研対策 早稲アカ対策 四谷大塚対策 栄光対策 市進対策
マスコミ・メディア掲載

■インターエデュ

AERA with Kids 夏号

当会、教務担当の山本祐講師のインタビュー記事がインターエデュで掲載されました

■ニュース・新聞

CX(フジテレビ系列)のニュースと新聞で取り上げられました

当会で運営する「スタディ・タウン」の「10倍分かる過去問・映像授業」等がCX(フジテレビ系列)のニュースと新聞で取り上げられました

■プレジデントファミリー

プレジデントファミリークラブ

家庭教師の一橋セイシン会は、プレジデントファミリー公式サイトに協賛しています

■朝日小学生新聞

朝日小学生新聞にも掲載されています

朝日小学生新聞にも掲載されています

  • ST過去問バナー
  • ST繁田さんバナー
  • 家庭教師・プロ家庭教師募集

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

桐朋中の10倍分かる過去問

※指導による成果には個人差があります。このページの上部へ