本郷中プロ家庭教師の入試問題対策サイト HOME 会社概要(アクセス) 個人情報保護方針 サイトマップ

本郷中学校
-社会の入試傾向と合格対策-

このページでは、本郷中学校の社会の入試傾向と対策ポイントについて解説しています。
どうすれば本郷中学校の社会を解けるようになるのか、合格点を取れる志望校対策のポイントを具体的に解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

本郷中学校 社会 入試データ
配点 75点
試験時間 40分
大問数 3題
頻出分野 水産業、自然、エネルギー資源、地形図の読み取り問題、史料・説明文の読み取り問題、憲法・基本的人権、地方自治、公害問題、司法制度、国際関係、時事問題など
本郷中学校 社会入試問題

本郷中学校 社会の入試問題の傾向

出題構成は、大問3題、解答数45~50で一定

本郷中学の社会は、大問3題、解答数45~50という出題構成で毎年ほとんど変化がありません。3分野から均等に1題ずつ出題されます。

合否への影響が最も少ない科目

また、社会の場合、合格者平均点と不合格者を含む受験者全体の平均点もほとんど差がつきません。どちらも75点満点中50点前後で安定していて、その差は5点しかありません。ですので、合否への影響はほとんどない科目となっています。

用語記入が中心、あやふやな知識では解けない

解答形式は記号選択と用語の記入が中心です。ですので、主要な出来事、人物名、地名などは、正確に書ける必要があります。あやふやな知識では点数がとれないので、それを理解して暗記などには取り組みましょう。

リード文や図版、資料を読み取らせる問題も

出題形式としては、図や資料、リード文を読み取り、その後設問に解答させる形式も目立ちます。

例えば、地理の問題であれば、2018年は鳥取県のある地域の地形図を見て解答させる問題、2019年には沖縄県の地図を見て回答させる問題が出題されています。「社会は暗記科目」ととらえるのではなく、読解力、情報処理力も必要な科目ととらえて学習していくことが必須と言えるでしょう。

本郷中学校 社会で合格点を取る対策ポイント

こうした入試傾向を踏まえて、本郷中学校の社会で合格点を取るための勉強方法と志望校対策のポイントをお伝えしていきます。

時間配分に要注意

本郷の社会は、試験時間の割に解答箇所が多いので、手際良く解き進められることが合格点を取る前提条件です。40分で解答箇所が45~50箇所なので、1問にかけられる時間は一分もありません。問題をさばくスピード、先に解く問題・後回しにする問題などの時間配分が重要になってきます。

難問は飛ばし、基本問題で点数を固めること

合格点を取るために最重要なことは、問題の難易度を見極め、取れる問題だけを優先して取ることです。なぜなら本郷中学の社会は「簡単な問題、基本知識の確認問題」と、「どの受験生も解けなそうな難問」がはっきり分かれているためです。


例えば、先ほど例に挙げた、地形図を読み取らせる問題では、「実際のものより1.5倍拡大された地図」を見せて、「地形図の縮尺」や「地形図上の距離が実際では何㎞になるか」を答える問題、「地形図から読み取れること・そうでないことを選択する問題」が出題されました。

なかには、「利根川河口部に位置する神栖市が、隣接する都市と構成している工業都市の名前」を答えさせるが出ていましたが、正解できた受験生はほとんどいなかったでしょう。ですので、こうした問題は取れなくても合否に影響は少ないでので、飛ばしても構いません。それよりも、他の受験生も落とさない基本問題を絶対に取ることが重要です。

地形図の読み取り問題など、恒例の問題は対策を

合格点を取るためには、毎年出題が恒例となっている問題は重点対策することです。 例えば、本郷の社会では、地形図の読み取り問題は毎年恒例となっています。河川の地形図を見て地形の名称(例:扇状地など)を答えさせる問題や、そう判断した理由を説明させる問題などです。地形図の読み取りに苦手意識がある場合は、入試前に重点的に対策を行うことが必要です。また、公民では、経済分野からの出題が多いのも特徴です。時事的な要素と絡めて出題されることもありますので、ニュースや新聞などに関心を持つことも必要です。

本郷ならではの、ユニークな出題への対応も重要

また、分野によっては特徴的な出題がある場合もあります。 たとえば、歴史の場合、特定の地域に絞り込んだ問題、外交や経済などテーマを絞った問題など、他校で見かけないユニークな出題もあります。

2019年では、「アンパンマンの作者、やなせたかし氏の生きた時代を題材とした問題」が出題されました。過去問を通じて、そうした問題の形式や解き進め方に慣れておくこともポイントになります。また、本郷中学はホームページにて直近四年分の解答例と正答率を公開しているのでそれらを有効活用してみるとよいでしょう。(2019年9月現在)

本郷中学校の社会で合格点を取るには、こうした入試問題の傾向を踏まえた上で、志望校対策を講じていくことが必要です。

中学受験専門プロ家庭教師が
「本郷中」受験対策で出来ること
  • 本郷中に偏差値が届いていないお子さんを合格させます。
  • つまずいている教科の弱点をプロの目で見つけ出し、早期に苦手を解消します。
  • 塾の授業では質問できなかった問題や疑問を、1対1で完璧に解決します。
  • 塾のクラスを上げる勉強から、本郷中学校の受験で合格点を取るための勉強に切り替えます。
  • 本郷中学校の出題傾向に沿った「最短ルートで合格できる勉強法」を教えます。

※他にも、お子さんの状況に合わせて必要な対策を柔軟に行うことが出来ます。

本郷中に合格したい方は、まずは無料の
「知らないと損する中学受験資料」をご請求ください!

私たちの会には、本郷中に合格実績を出している中学受験のトッププロ家庭教師が在籍しています。 そして、本郷中に合格させるためのノウハウを蓄積しています。

家庭教師に少しでもご興味をお持ちいただいた方は、お子さんの中学受験に合格するために役立つ情報をぎゅっと詰めこんだ、 「知らないと損する中学受験資料」をご請求ください。

  • 合格体験記
  • お問い合わせはこちら
  • 塾のクラスを上げます!サイドバナー
塾別対策 専門サイト
SAPIX対策 日能研対策 早稲アカ対策 四谷大塚対策 栄光対策 市進対策
マスコミ・メディア掲載

■インターエデュ

AERA with Kids 夏号

当会、教務担当の山本祐講師のインタビュー記事がインターエデュで掲載されました

■ニュース・新聞

CX(フジテレビ系列)のニュースと新聞で取り上げられました

当会で運営する「スタディ・タウン」の「10倍分かる過去問・映像授業」等がCX(フジテレビ系列)のニュースと新聞で取り上げられました

■プレジデントファミリー

プレジデントファミリークラブ

家庭教師の一橋セイシン会は、プレジデントファミリー公式サイトに協賛しています

■朝日小学生新聞

朝日小学生新聞にも掲載されています

朝日小学生新聞にも掲載されています

  • ST過去問バナー
  • ST繁田さんバナー
  • 家庭教師・プロ家庭教師募集

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

本郷中の10倍分かる過去問

※指導による成果には個人差があります。このページの上部へ