慶應中等部プロ家庭教師の入試問題対策サイト HOME 会社概要(アクセス) 個人情報保護方針 サイトマップ

慶應中等部
-社会の入試傾向と合格対策-

このページでは、慶應中等部の社会の入試傾向と対策ポイントについて解説しています。
どうすれば慶應中等部の社会を解けるようになるのか、合格点を取れる志望校対策のポイントを具体的に解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

慶應中等部 社会 入試データ
配点 50点
試験時間 25分
大問数 5~7問前後
頻出分野 日本の歴史・地理の問題が大半
普通部 社会入試問題

慶應中等部 社会の入試問題の傾向

設問数は50~60題ほど出題

慶應中等部の社会の傾向ですが、まず問題数(設問数)は、ここ数年は50~60題で安定しています。設問数は、2015年が56題、2016年が52題、2017年が49題と推移しています。例外的に、2018年は40題へと大きく減少しましたが、2019年は57題と例年並みに戻っています。
過去には70題以上出題された年もあるように、25分の試験時間に対してはかなりの量の問題が出題されます。

基本問題中心なので、例年かなりの高得点勝負に

出題される問題は基本問題が中心なので、首都圏の最上位層の中学受験生(特に女子)が集まる慶應中等部の場合、毎年かなりの高得点勝負になります。ただし、「基本問題」と一部出題される「応用問題」の難度の差が大きいので、1つの問題が解けるかどうかが合否に大きく影響する試験内容となっています。

高いスピード、処理能力が必要

試験時間25分で、設問数50~60題をこなさなければならいので、合格点を超えるにはスピードが必要です。記号選択や用語記入の問題だけでなく、50字前後の記述や地図の書き込み問題等もあるので、時間的には相当ハードな試験です。

慶應中等部 社会で合格点を取る対策ポイント

こうした入試傾向を踏まえて、慶應普通部の社会で合格点を取るための勉強方法と志望校対策のポイントをお伝えしていきます。

25分で50~60題をこなすスピード、手際の良さを身につける

慶應中等部の社会はとにかくスピード勝負です。志望校対策としては、手際良く問題をさばくことに重点を置いた対策を意識してください。過去問演習を通じて、慶應中等部の出題形式や設問、時間配分などに慣れておくようにしましょう。

基本問題は絶対に落とさないように

出題の多くは基本問題なので、ここは絶対にノーミスでクリアすることが必要です。25分で50~60問をさばくとなると、1問にかけられる時間は30秒程度しかないので、かなり急いで解くことになります。基本知識は徹底的に固めること、ミスをしない正確性を磨くことが重要課題となります。

地図の書き込み問題

慶應中等部の社会で定番と言えるのが、地図に書き込みをする問題です。過去に出題された問題だと、日本地図に青函トンネルの位置を書き込む問題など、地図帳を使った勉強ができていないと対応できない問題です。ここ最近では出題されていない年もありますが、地図の読み取り問題などは出題されています。
例えば、2018年は「地形図とそれに関連する文章から、神戸市が対策すべき災害は何か」という問題が出題されました。
中等部を志望する場合は、地図を用いた学習をして準備しておいた方がいいでしょう。

20~30字の記述問題の対策

中等部の社会は、記号選択や用語記入問題がほとんどですが、記述問題も一部出題されます。ここ最近は、20~30字前後の記述が連続して出ています。記述問題は難度が特筆して高いわけではないですが、25分しかないので、できるだけ素早く書けることが必要です。要旨を30字程度でまとめる練習をしておくと、本番でも有利になるでしょう。

「お勉強」ばかりではなく、身の回りの出来事への関心を高める

これは、同じ慶應附属校の普通部の社会とも共通する傾向ですが、中等部の社会も、知識の丸暗記や、いわゆる机に座ってする「お勉強」だけでは通用しない面があります。
特に、ここ最近定番となっている30字記述問題は、資料を読み取り、社会常識や世の中の動きと照らし合わせて、想像力を働かせないと答えにたどりつけない問題が目立ちます。

        

また、2017年に出題された「日本家屋の縁の下が必要な理由」や「日本人が古くから行ってきた、暑い夏を快適に過ごすための工夫や慣習」を問う問題は、ただ教科書に沿って学んだことというよりは、日々の生活の中からヒントを得ることのできる問題でした。このように、身の回りへの関心を高めることもよりよい解答へと繋がります。

慶應中等部の社会で合格点を取るには、こうした入試問題の傾向を踏まえた上で、志望校対策を講じていくことが必要です。

中学受験専門プロ家庭教師が
「慶應中等部」受験対策で出来ること
  • 慶應中等部に偏差値が届いていないお子さんを合格させます。
  • つまずいている教科の弱点をプロの目で見つけ出し、早期に苦手を解消します。
  • 塾の授業では質問できなかった問題や疑問を、1対1で完璧に解決します。
  • 塾のクラスを上げる勉強から、慶應中等部学校の受験で合格点を取るための勉強に切り替えます。
  • 慶應中等部学校の出題傾向に沿った「最短ルートで合格できる勉強法」を教えます。

※他にも、お子さんの状況に合わせて必要な対策を柔軟に行うことが出来ます。

慶應中等部に合格したい方は、まずは無料の
「知らないと損する中学受験資料」をご請求ください!

私たちの会には、慶應中等部に合格実績を出している中学受験のトッププロ家庭教師が在籍しています。 そして、慶應中等部に合格させるためのノウハウを蓄積しています。

家庭教師に少しでもご興味をお持ちいただいた方は、お子さんの中学受験に合格するために役立つ情報をぎゅっと詰めこんだ、 「知らないと損する中学受験資料」をご請求ください。

  • 合格体験記
  • お問い合わせはこちら
  • 塾のクラスを上げます!サイドバナー
塾別対策 専門サイト
SAPIX対策 日能研対策 早稲アカ対策 四谷大塚対策 栄光対策 市進対策
マスコミ・メディア掲載

■インターエデュ

AERA with Kids 夏号

当会、教務担当の山本祐講師のインタビュー記事がインターエデュで掲載されました

■ニュース・新聞

CX(フジテレビ系列)のニュースと新聞で取り上げられました

当会で運営する「スタディ・タウン」の「10倍分かる過去問・映像授業」等がCX(フジテレビ系列)のニュースと新聞で取り上げられました

■プレジデントファミリー

プレジデントファミリークラブ

家庭教師の一橋セイシン会は、プレジデントファミリー公式サイトに協賛しています

■朝日小学生新聞

朝日小学生新聞にも掲載されています

朝日小学生新聞にも掲載されています

  • ST過去問バナー
  • ST繁田さんバナー
  • 家庭教師・プロ家庭教師募集

お急ぎの場合、ご質問等がある場合は、
下記のフリーダイヤルまでお問い合わせください。

お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-03-1284

年間3,000件以上の中学受験のご家庭の悩みにお答えしている専門教務スタッフが親身にご対応させていただきます。ご家庭だけで抱え込まず、まずは解決の一歩を踏み出してください。
※家庭教師をつけるかどうかは、ご家庭の自由です。無理に入会を進めることはございませんので、ご安心してお電話ください。

慶應中等部の10倍分かる過去問

※指導による成果には個人差があります。このページの上部へ